テクノロジーのニュース記事一覧 | ニュース | アニメ!アニメ!

ニュース テクノロジー ニュース記事一覧

諏訪部順一&梶裕貴&福山潤が美容サポート! スマートミラー「novera」が予約受付開始 画像
ニュース

諏訪部順一&梶裕貴&福山潤が美容サポート! スマートミラー「novera」が予約受付開始

声優の諏訪部順一、梶裕貴、福山潤がアシスタントキャラクターを演じるスマートミラー「novera(ノベラ)」が、10月11日より予約受け付けをスタートした。最先端センシング技術を活用して対話やビューティーサポートを行う、次世代の化粧鏡だ。

ドワンゴ、アニメ作画支援AIを開発 擬人化キャラ“時季ヶ原姉弟”もデビューへ 画像
ニュース

ドワンゴ、アニメ作画支援AIを開発 擬人化キャラ“時季ヶ原姉弟”もデビューへ

ドワンゴの機械学習技術部門「Dwango Media Village」によるアニメーション制作支援技術が、アニメ映画『フリクリ プログレ』および大塚製薬「カロリーメイト」のアニメCM『すすめ、カロリーナ。』の一部に使用されたことがわかった。

「少年ジャンプ」集英社、Vtuber業界に参入! 2018年内に「少年ジャンプ+」キャラがデビュー 画像
ニュース

「少年ジャンプ」集英社、Vtuber業界に参入! 2018年内に「少年ジャンプ+」キャラがデビュー

VTuberチャンネルを運用するBUZZCASTが集英社と協業し、「少年ジャンプ+」キャラクターのVTuber化に踏み出すことがわかった。『悪魔のメムメムちゃん』からメムメムちゃん、『終末のハーレム』からヒロインの“あの子”が、2018年内にVTuberデビューを果たす。

VtuberとVRを活用した
ニュース

VtuberとVRを活用した"新たなアニメ作り"目指す エイベックスとエクシヴィが「AniCast Lab.」設立

エイベックス株式会社が、VRアニメーション制作ツール「AniCast」を開発・提供している株式会社エクシヴィと共同で「AniCast Lab.」を設立。この「AniCast Lab.」では、VR技術を活用し、Vtuberのような形で簡易にアニメを作る技術を追求していく。

「狼と香辛料」ホロが“のじゃロリおじさん”とコラボ!  もふもふ&ケモ耳ずくしなニコ生特番 画像
ニュース

「狼と香辛料」ホロが“のじゃロリおじさん”とコラボ! もふもふ&ケモ耳ずくしなニコ生特番

『狼と香辛料』のVRアニメ化決定記念として、「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」をゲストに迎えたニコ生特番が放送されることが決定した。

「バーチャルYouTuber」若年層は過半数が認知 
ニュース

「バーチャルYouTuber」若年層は過半数が認知 "半年で4000人以上に増加"などの動向も明らかに

「バーチャルYouTuber」の認知度調査が実施され、10代・20代における認知率が過半数を超えていることが分かった。また市場データには「バーチャルYoutuberは半年で4,000人以上に増加」「1日あたり20人がデビュー」などの結果が表れた。

ポリゴン・ピクチュアズとグリーが資本業務提携 マルチチャネル用コンテンツ共有システム開発へ 画像
ニュース

ポリゴン・ピクチュアズとグリーが資本業務提携 マルチチャネル用コンテンツ共有システム開発へ

ポリゴン・ピクチュアズとグリーが、ハイエンド3DCG技術基盤の共同開発を目的とする資本業務提携を締結した。アニメ、ゲーム、VR、VTuberなどをマルチチャネル展開するためのコンテンツ共有システム「SC2」を開発するとしている。

ニュース

"嫁"と一緒に暮らせる未来がやってきた! 世界初のバーチャルホームロボットに量産モデル誕生

“好きなキャラクターと一緒に暮らせる”世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」に、15万円(税抜)の量産モデルが誕生した。“嫁”と一緒に暮らせる世界をより身近にするガジェットとして注目を集めそうだ。

「ガンダム」“ハロ”がAI搭載型ロボットになって登場! お値段は約15万円 画像
ニュース

「ガンダム」“ハロ”がAI搭載型ロボットになって登場! お値段は約15万円

アニメ『機動戦士ガンダム』に関する会話を楽しむためのコミュニケーションロボットとして、「ハロ」にAI(人工知能)を搭載した「ガンシェルジュ ハロ」が登場。バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、7月下旬より予約開始の予定だ。

エミリアが現実空間に等身大で降臨! 「Re:ゼロ」ARフィギュア第2弾登場 画像
ニュース

エミリアが現実空間に等身大で降臨! 「Re:ゼロ」ARフィギュア第2弾登場

『Re:ゼロから始める異世界生活』とスマホARアプリ「HoloModels」のコラボ第2弾として、ARフィギュア「エミリア」の販売が決定。AR技術によって、現実空間に等身大のエミリアを自由に飾りつけることが可能となっている。

マンガにAR技術を活用!comico連載「パステル家族」単行本1巻にスマホかざすと… 画像
ニュース

マンガにAR技術を活用!comico連載「パステル家族」単行本1巻にスマホかざすと…

マンガ・ノベルアプリ「comico」にて連載中の『パステル家族』が、AR(拡張現実)技術を活用した企画を実施することが決定した。“購入後にコンテンツが増えるコミック”をコンセプトに、誌面にスマホアプリをかざすと描き下ろし画像等が閲覧できるようになる。

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動 画像
ニュース

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携を結んだことが発表された。アニプレックスがLive2D社の株式の過半数を取得し、映像技術「Live2D」の開発を支援する。さらに映像技術『Live2D』を使用した長編アニメーション映画の製作も明らかとなった。

「宝石の国」が「テレビ番組 アニメCG部門」で最優秀賞に 「VFX-JAPANアワード2018」が開催 画像
ニュース

「宝石の国」が「テレビ番組 アニメCG部門」で最優秀賞に 「VFX-JAPANアワード2018」が開催

「VFX-JAPAN」は3月8日、2017年度のCG・VFXを活用した優秀な映像作品を表彰する「VFX-JAPANアワード2018」の表彰式を開催。「テレビ番組 アニメCG部門」では、市川春子のSFファンタジーマンガを原作とする『宝石の国』が最優秀賞に輝いた。

「オタクコイン」アドバイザーに小学館・相賀氏ら就任 各種オタク向けサービスもワールドワイドに参画 画像
ニュース

「オタクコイン」アドバイザーに小学館・相賀氏ら就任 各種オタク向けサービスもワールドワイドに参画

Tokyo Otaku Modeが発行を目指す仮想通貨「オタクコイン」の準備委員会に、アドバイザーとして出版最大手「小学館」常務取締役である相賀信宏氏ら3名の参加が決定。あわせてオリジナルマンガ制作「フーモア」など3サービスが、参画に向けた検討を開始したことも発表された。

AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定 画像
ニュース

AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定

『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内の12スポットを巡るデジタルスタンプラリーアプリが、「TOKYOアニメツーリズム2018」にて1月28日より配信されることが決定した。

アニメファンの年末年始に必携! アニメ視聴が捗るNetflixの独自機能がスゴイ 画像
ニュース

アニメファンの年末年始に必携! アニメ視聴が捗るNetflixの独自機能がスゴイPR

師走もあっという間に終盤、慌ただしい年末年始が近づきつつあります。アニメファンにとっても冬のコミックマーケット(コミケ)筆頭に、初詣がてらの聖地巡礼やお正月休みの各種イベントなど、

アニメ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」 Tokyo Otaku Modeが発行検討 画像
ニュース

アニメ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」 Tokyo Otaku Modeが発行検討

和製ポップカルチャーグッズの海外販売を行うTokyo Otaku Modeが、アニメ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」の発行を検討していることが分かった。まずは「オタクコイン準備委員会」を設置し、ファンがアニメ制作に直接参加できる仕組みなどを構築する方針だ。

「進撃の巨人」や「初音ミク」を体感できる「VRシアター」 京都アニメイトカフェに初導入 画像
ニュース

「進撃の巨人」や「初音ミク」を体感できる「VRシアター」 京都アニメイトカフェに初導入

人気アニメ・ゲーム作品とのコラボを展開する「アニメイトカフェ」に、「VR THEATER(VRシアター)」サービスが初導入されることになった。11月3日よりアニメイトカフェショップ京都で体験できる。

「ガンダム」ハロと話せる日が来たぞ! 対話型コミュニケーションロボットとして開発 画像
ニュース

「ガンダム」ハロと話せる日が来たぞ! 対話型コミュニケーションロボットとして開発

アニメ『機動戦士ガンダム』のマスコット・ハロと「ガンダム」の話題を語り合うことができる、AI搭載の対話型コミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」が誕生。あのハロと作中のようにコミュニケーションが取れるという夢のようなアイテムだ。

対話型AIサービス『罵倒少女:素子』が金賞 「第1回アニものづくりアワード」 画像
ニュース

対話型AIサービス『罵倒少女:素子』が金賞 「第1回アニものづくりアワード」

ソニー・ミュージックエンタテインメントと言語理解研究所は、両社が共同開発した対話型AIサービス[PROJECT Samantha]β版「罵倒少女:素子(もとこ)」が、「第1回アニものづくりアワード」にてオリジナルコンテンツ部門の金賞を受賞したことを発表した。

「傷物語」PS VRに登場 全3部作をキスショットと振り返る 画像
ニュース

「傷物語」PS VRに登場 全3部作をキスショットと振り返る

株式会社カヤックは、PlayStation®VR(PS VR)での新しい映像体験をつくる取り組みの第一歩として、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)、アニプレックスとの三社で共同開発した「傷物語 VR」の視聴イベントを開催すると発表した。

「魔法科高校の劣等生」司波達也&司波深雪がAI化 チャットルームで会話が可能に 画像
ニュース

「魔法科高校の劣等生」司波達也&司波深雪がAI化 チャットルームで会話が可能に

ソニー・ミュージックエンタテインメントと言語理解研究所(ILU)は、共同開発した対話型人工知能サービス「PROJECT Samantha」により、『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也と司波深雪をAI化すると発表した。

「BLAME!」で使用したアニメ制作ツール・Maneki PPIのグループ会社が発売 画像
ニュース

「BLAME!」で使用したアニメ制作ツール・Maneki PPIのグループ会社が発売

3月10日、ポリゴン・ピクチュアズのグループ会社であるジェー・キューブはアニメ制作ツール・Manekiの発売を開始した。5月20日公開の劇場アニメ『BLAME!』でも使用されたツールを利用できる。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 15