オタクコイン、ブロックチェーン技術“NFT”活用の実証実験を開始 「100枚限定オタクコイン硬貨」販売 | アニメ!アニメ!

オタクコイン、ブロックチェーン技術“NFT”活用の実証実験を開始 「100枚限定オタクコイン硬貨」販売

オタクコイン協会とCryptoGames株式会社が、ブロックチェーン技術のNFTを活用した実証実験を開始すると発表。「100枚限定オタクコイン硬貨」のデジタル販売およびオタクコイン保有者へのプレゼント抽選会を実施する。

ニュース
注目記事
「100枚限定オタクコイン硬貨」イメージ
  • 「100枚限定オタクコイン硬貨」イメージ
  • 「100枚限定オタクコイン硬貨」イメージ
  • 「オタクコイン」
  • 「100枚限定オタクコイン硬貨」イメージ
2021年3月22日、一般社団法人オタクコイン協会とCryptoGames株式会社が、ブロックチェーン技術のNFTを活用した実証実験を開始すると発表。今回の実証実験では、100種類のカラーバリエーションからなるシリアルナンバー付きの「100枚限定オタクコイン硬貨」のデジタル販売およびオタクコイン保有者へのプレゼント抽選会を実施する。

本実証実験は、ブロックチェーン技術を活用し、アニメ文化発展への貢献を目的とするオタクコイン協会が、NFTという先端技術を率先して活用することにより、実際にNFTを導入する時に起こりうるリスクやコスト、懸念点、メリット/デメリットを洗い出し、より滑らかで速やかな業界やコミュニティへの浸透を目的としたもの。
この実証実験を通じて得た知見を、クリエイターや世界中のファンへ、オタクコイン公式ブログなどを通じてオープンに共有していくことで、日本が誇るアニメ文化が世界に広がり、さらに発展していく一助になることを期待しているという。

オタクコイン協会は、世界中にいる熱狂的なアニメファンとともにアニメ業界やコミュニティ全体を盛り上げ、より世界にアニメを広げていく活動の“旗印”として、オタクコインのロゴマークをNFTで作成し、100種類のカラーバリエーションで表現。
世界で100枚しか発行されておらず、各色につき世界に1つのNFTしか存在しない。

最近注目を集めるNFTは、二次流通市場でファン同士がデジタルアイテムの売買を行うことによって、取引のたびに一次創作者/社へ販売額の一部が半永久的・自動的にロイヤリティとして還元されるように設計が可能。
この機能を活かすことで、世界中のアニメファンがインターネット上の二次流通市場でデジタルアイテムを取引し合うと、作品作りに励むクリエイターへ、永続的な金銭的支援=ロイヤリティ還元をもたらすことができる。

これにより、ファンはデジタルアイテムの購入・体験・販売を通じて、作品を立体的に楽しみながら、世界中どこでも、いつでも、気軽に、クリエイターへ金銭的支援を行えることになるという狙いだ。

なお、この実証実験における売上(一次販売/二次流通時のロイヤリティ)については、アニメ文化の発展のため、次なるNFT活用の開発・運営費や、協会発足当初から継続的に行ってきているアニメスタジオへのインタビューなどの活動資金として活用。
また、この企画を通じて得た知見を、公式ブログなどを通じてクリエイターや世界中のファンへオープンに共有していくという。

「100枚限定オタクコイン硬貨」は、3月24日10時より、NFTマーケットプレイスのRaribleにて先着順での一次販売を予定。
NFTにて発行した後、同一デザインによる追加発行はしない。また、すでにオタクコイン公式アプリを通じて配布しているオタクコイン(XOC)とは別のものとなる。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集