「血界戦線」ステージでは豪華声優が登場!BUMP OF CHICKENからのメッセージも | アニメ!アニメ!

「血界戦線」ステージでは豪華声優が登場!BUMP OF CHICKENからのメッセージも

イベント・レポート

3月21日、AnimeJapan 2015のGREENステージにて、テレビアニメ『血界戦線』のスペシャルイベントが行われた。レオナルド・ウォッチ役の阪口大助さんをはじめ、クラウス・V・ラインヘルツ役の小山力也さん、ザップ・レンフロ役の中井和哉さん、チェイン・皇役の小林ゆうさん、ホワイト役の釘宮理恵さん、ソニック役の内田雄馬さんが登壇し、4月のオンエアに向けてキャストトークを披露した。

イベントはロックバンド・BUMP OF CHICKENのメッセージ映像からスタート。主題歌「Hello,world!」を手がける彼らが「このクオリティの作品が毎週見られると思うとすごく楽しみ」と絶賛した最新PVが続けて上映された。
PVでは本作の舞台であるヘルサレムズ・ロットと、秘密結社ライブラのメンバーたちが描かれている。魑魅魍魎が跋扈する街へと変貌した元ニューヨークと、世界の均衡を保つために暗躍するライブラ。派手なアクションが飛び交うスタイリッシュな映像は、BGMの「Hello,world!」と絶妙にマッチし、放送への期待を煽る仕上がりとなった。



最新映像を堪能したファンの熱気も冷めやらぬ内に、今度はキャスト陣が登壇。会場は割れんばかりの拍手に包まれた。
イベントは小山さんがクラウスの顔マネをしたり、内田さんはソニックのぬいぐるみを持っていたりと、和やかな雰囲気で進んでいった。だが進行するにつれ、小山さんと小林さんは持ち前のハイテンションぶりを発揮。二人の席に挟まれた中井さんは困惑し、司会の阪口さんはツッコミを入れるなど、コミカルな一幕も楽しむことができた。

トークでは作品の魅力やキャラクターの紹介はもちろん、原作者の内藤泰弘さんがアフレコ現場に毎回顔を出していることや、鯖寿司やサンドイッチなどの差し入れをもってきてくれるといったエピソードまで披露された。
また本作の音響監督は松本理恵監督が兼任していることから、細やかな演技指導などが行われているといった裏話も飛び出した。オリジナルキャラクターを演じる釘宮さんは、松本監督の作品で主演を務めた経験も持つだけに、その演技も見所になりそうだ。

さらに本作最大の特徴とも言える「技名を叫んでから殴る」ことも話題に上がった。そこで小山さんは必殺技のアフレコを再現。「ブレングリード流血闘術 111式 十字型殲滅槍(クロイツヴェルニクトランツェ)」と大迫力のボイスを響かせ、ファンのボルテージは最高潮に達した。

最後はキャスト全員がファンに向けてメッセージを伝え、大盛況のイベントを締めくくった。テレビアニメ『血界戦線』は4月4日よりMBS、4月5日よりTOKYO MX、BS11にて放送開始。
[高橋克則]

『血界戦線』
http://kekkaisensen.com/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集