AnimeJapan RGBステージ 二日間で全41プログラム、あらためて振り返る | アニメ!アニメ!

AnimeJapan RGBステージ 二日間で全41プログラム、あらためて振り返る

AnimeJapan 2015の中でも特に注目を集めたのがステージイベントだ。約2000人収容のREDステージを筆頭に計3ステージが用意され、全41プログラムが行われた。

イベント・レポート
AnimeJapan RGBステージ 二日間で全41プログラム、あらためて振り返る
  • AnimeJapan RGBステージ 二日間で全41プログラム、あらためて振り返る
AnimeJapan 2015の中でも特に注目を集めたのが、特設エリアで開催されたステージイベントだ。約2000人収容のREDステージを筆頭に、GREENステージ(約1000人)、BLUEステージ(約500人)の合計3ステージが用意され、3月21日と22日の二日間で全41プログラムが行われた。どのステージでもキャストやアーティストが登壇し、会場に集まった大勢のファンを盛り上げていった。

ステージで取り扱った作品は、開催当時クライマックスを控えていた『七つの大罪』『弱虫ペダル GRANDE ROAD』などのテレビアニメから、2015年春の新番組『アルスラーン戦記』『響け!ユーフォニアム』、さらには今夏以降に放送・公開される『心が叫びたがってるんだ。』『オーバーロード』と言った話題作まで実にさまざま。
そのほか、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」の3作品合同ステージや、アニメ関連番組を多数配信しているインターネットラジオステーション<音泉>、制作会社・ウルトラスーパーピクチャーズの発表会もあった。アニメの全てが集結したAnimeJapanらしさを感じられるバラエティ豊かな内容だった。

ステージイベントの観覧は事前応募が必要で、当選率が数倍に達する人気ステージもあった。朝一番のステージは9時台開演という早い時間ながらいずれも満員となり、その関心度の高さがうかがえた。
登壇者もAnimeJapanだからこそ実現した豪華なメンバーが揃った。作品にまつわるスタッフやキャストが集結し、中には10人以上が登壇したステージもあったほどだ。普段はなかなか見られない声優陣の共演や、制作現場の裏側を解き明かすスタッフのトークショー、アーティストによるミニライブも行われ、会場の中でも一際賑やかなエリアとなっていた。
ステージでは最新情報の告知や新作PVの上映など初公開されるニュースも多く、AnimeJapanが初イベントという作品も存在した。アニメの新情報についてリアルタイムで知ることができ、他のファンと一緒に喜びを分かち合えるのも、ステージイベントの醍醐味と言えるだろう。
[高橋克則]

AnimeJapan 2015
https://www.anime-japan.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集