SF(4 ページ目) | アニメ!アニメ!

SF(4 ページ目)

HOT TOPICS

「モーレツ宇宙海賊」TVシリーズが待望のBlu-ray BOX、6月24日に発売 画像
ニュース

「モーレツ宇宙海賊」TVシリーズが待望のBlu-ray BOX、6月24日に発売

2012年1月より2クールに渡りオンエアされたTVシリーズ『モーレツ宇宙海賊』のBlu-ray BOXが、2015年6月24日に発売される。

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」ターミネーターに変身するモーション・ポスター公開 画像
ニュース

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」ターミネーターに変身するモーション・ポスター公開

「ターミネーター」シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月11日に全国公開を迎える。今回は新たに、モーション・ポスターが発表された。アーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーターに変身する驚きの内容となっている。

SF大作「ジュピター」の見どころは? 沼倉有人(CGWORLD)×数土直志(アニメ!アニメ!) 編集長対談で迫る! 画像
ニュース

SF大作「ジュピター」の見どころは? 沼倉有人(CGWORLD)×数土直志(アニメ!アニメ!) 編集長対談で迫る!

SFアクション映画『ジュピター』の劇場公開を控え、デジタル系エンターテインメント映像誌「CGWORLD」編集長の沼倉有人氏と、アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」編集長の数土直志氏の対談を行った。

圧巻!SF大作「ジュピター」のコンセプトアート13枚一挙公開 エヴァや日本アニメも彷彿 画像
ニュース

圧巻!SF大作「ジュピター」のコンセプトアート13枚一挙公開 エヴァや日本アニメも彷彿

ウォシャウスキー姉弟が16年ぶりに完全オリジナルで挑んだSFアクションの超大作『ジュピター』。本作の日本のアニメの影響も感じさせる設定資料の一部を公開する。

『マトリックス』からの進化!ウォシャウスキー姉弟最新作『ジュピター』に見るSFアクションの醍醐味。 画像
ニュース

『マトリックス』からの進化!ウォシャウスキー姉弟最新作『ジュピター』に見るSFアクションの醍醐味。

ウォシャウスキー姉弟監督の出世作と言えばなんといっても『マトリックス』三部作だが、更に進化を遂げた宇宙活劇『ジュピター』は、ブレーキを踏まずにアクセル全開でファンを魅了してくれる。

「ジュピター」が「未来世紀ブラジル」をリスペクト テリー・ギリアムが出演 画像
ニュース

「ジュピター」が「未来世紀ブラジル」をリスペクト テリー・ギリアムが出演

ウォシャウスキー姉弟が手がける『ジュピター』が3月28日に全国公開。この映画本編にテリー・ギリアム監督がゲスト出演していることが話題だ。

「ジュピター」キャストが語る“新次元の映画” ウォシャウスキー姉弟話題作の特別映像公開次元の世界 画像
ニュース

「ジュピター」キャストが語る“新次元の映画” ウォシャウスキー姉弟話題作の特別映像公開次元の世界

SF映画『ジュピター』の特別映像が配信された。本編シーンとメイキングを織り交ぜながら、出演キャストが作品の見所を解説している。

第35回日本SF大賞に藤井太洋、長谷敏司の両氏、功績賞に平井和正氏 画像
ニュース

第35回日本SF大賞に藤井太洋、長谷敏司の両氏、功績賞に平井和正氏

日本SF作家クラブが第35回日本SF大賞の受賞作を発表した。藤井太洋氏の『オービタル・クラウド』、長谷敏司氏の『My Humanity』の2作品が同時受賞となった。

上田早夕里「くさびらの道」にハリウッド映画化企画、米国VIZプロダクションが発表 画像
ニュース

上田早夕里「くさびらの道」にハリウッド映画化企画、米国VIZプロダクションが発表

日本のSF作家・上田早夕里の短編小説『くさびらの道』のハリウッド映画企画が明らかになった。米国サンフランシスコに拠点を持つVIZ Mediaが2月12日に発表した。

ブロムカンプ監督最新作「チャッピー」5 月23日 日本公開 主人公は“子供”の人工知能ロボット 画像
ニュース

ブロムカンプ監督最新作「チャッピー」5 月23日 日本公開 主人公は“子供”の人工知能ロボット

『第9地区』、『エリジウム』を手がけたニール・ブロムカン監督最新作『チャッピー』が、5月23日に日本公開されることが明らかとなった。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」12月18日公開、新たな時代は2015年にスタート 画像
ニュース

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」12月18日公開、新たな時代は2015年にスタート

SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの日本での正式タイトルが2015年1月1日に発表された。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』となる。

「ゼロの未来」、鬼才テリー・ギリアム監督が届ける近未来作品2015年5月16日公開 画像
ニュース

「ゼロの未来」、鬼才テリー・ギリアム監督が届ける近未来作品2015年5月16日公開

テリー・ギリアム監督の最新作『ゼロの未来』の国内公開が決定した。2015年5月16日、東京・恵比寿のYEBISU GARDEN CINEMAと新宿武蔵野館他にてロードショーとなる。

「エイリアン アーカイブ」 レガシー4部作の全てを網羅したメイキングとアート集 画像
ニュース

「エイリアン アーカイブ」 レガシー4部作の全てを網羅したメイキングとアート集

ボーンデジタルは『エイリアン アーカイブ』 を発刊する。SF映画の名作『エイリアン』シリーズ4部作の全てをメイキングとアートを通じて紹介する一冊だ。

ハヤカワ「ミステリマガジン」「SFマガジン」が隔月刊化、2015年にウェブ版スタート 画像
ニュース

ハヤカワ「ミステリマガジン」「SFマガジン」が隔月刊化、2015年にウェブ版スタート

早川書房の3雑誌「ミステリマガジン」「SFマガジン」「悲劇喜劇」を月刊から隔月刊に移行する。さらに2015年から「ミステリマガジン」「SFマガジン」のウェブ版をスタートする。

虚淵玄が影響を受けたサイバーパンク8編収録「楽園追放 rewired」 W・ギブスンから藤井太洋まで 画像
ニュース

虚淵玄が影響を受けたサイバーパンク8編収録「楽園追放 rewired」 W・ギブスンから藤井太洋まで

ハヤカワ文庫より『楽園追放 rewired サイバーパンクSF傑作選』が発売される。虚淵玄とSF書評家の大森望が珠玉のサイバーパンクSF短編8本を編纂したアンソロジーだ。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」E・ストフ氏(プロデューサー)インタビュー“戦いのモデルにノルマンディ上陸作戦” 画像
インタビュー

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」E・ストフ氏(プロデューサー)インタビュー“戦いのモデルにノルマンディ上陸作戦”

大ヒット上映中の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のプロデューサーであるアーウィン・ストフさんに、映画の誕生について語っていただいた。

日本長編部門に小川一水、メディア部門は「パシフィック・リム」 第45回星雲賞決定 画像
ニュース

日本長編部門に小川一水、メディア部門は「パシフィック・リム」 第45回星雲賞決定

日本SFファングループ連合会議は、7月19日、茨城県つくば市で開催中の第53回日本SF大会(なつこん)で、第45回星雲賞の受賞作、受賞者を発表した。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 ハリウッド大作の原作者となった桜坂洋さんが語る 画像
インタビュー

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 ハリウッド大作の原作者となった桜坂洋さんが語る

大ヒット公開中、トム・クルーズ主演の映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。映画の原作は日本の小説だ。原作者の桜坂洋さんは、映画をどう見たのか?その想いを語っていただいた。

“日本SF大学”がコンセプト 筒井康隆監修のSF展、世田谷文学館で開催 画像
ニュース

“日本SF大学”がコンセプト 筒井康隆監修のSF展、世田谷文学館で開催

「日本SF展・SFの国」が7月19日より、東京・世田谷文学館にて開催される。筒井康隆、豊田有恒、小松左京、星新一、手塚治虫、大伴昌司らの作品から日本SFの系譜をたどる。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」で来日 トム・クルーズは多忙でも「1日1本映画を観る」 画像
イベント・レポート

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」で来日 トム・クルーズは多忙でも「1日1本映画を観る」

トム・クルーズが6月27日(金)、都内で行われた主演最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の来日記者会見に出席。公開前の本作を盛りあげた。

55年間の日本SF史を網羅―「SFマガジン 創刊700号記念特大号」 画像
ニュース

55年間の日本SF史を網羅―「SFマガジン 創刊700号記念特大号」

5月24日に発売された文芸誌『SFマガジン』の記念特大号が、55年にもわたるSF史を網羅したその内容の濃さから大きな話題を呼んでいる。[ニュース提供:KAI-YOU.net]

「スター・ウォーズ/エピソード7」 日本公開は2015年12月18日に決定 画像
ニュース

「スター・ウォーズ/エピソード7」 日本公開は2015年12月18日に決定

「スター・ウォーズ/エピソード7」の日本公開が2015年12月18日に決定した。米ウォルト・ディズニー社がルーカス・フィルムを買収し、その制作の行方が注目を集めている新シリーズだ。

第45回星雲賞、参考候補作が決まる 9部門に国内外SF小説やアニメ、マンガほか 画像
ニュース

第45回星雲賞、参考候補作が決まる 9部門に国内外SF小説やアニメ、マンガほか

日本SFファングループ連合会議は、第45回星雲賞の参考候補作を発表した。発表されたのは日本長編部門、日本短編部門、海外長編部門、海外短編部門、メディア部門、コミック部門、アート部門、ノンフィクション部門、自由部門の9部門。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
Page 4 of 7