「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」アースデイを記念して最新ポスター公開 | アニメ!アニメ!

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」アースデイを記念して最新ポスター公開

ニュース

(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • (c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
映画『インデペンデンス・デイ』の新章『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日に全国公開を迎える。このたび、地球環境について考える4月22日のアースデイを記念して、最新ポスターが発表された。前作から20年の間に起きた出来事の一端が垣間見られる内容となっている。

今回発表されたのは、侵略者たちの再来に備えるべく結成された地球防衛軍(Earth Space Defence)の宣伝キャンペーンポスターである。ポスターは英語やロシア語に混ざって、「一つになろう。団結して生き延びよう」と日本語のコピーも記載されている。アメリカだけでなく、日本を含めて全世界の人々が団結していることが分かる。
こうして地球防衛システムを構築した人類だったが、再び襲来した侵略者は想像をはるかに超える進化を遂げていた。世界中のランドマークを破壊しつくす敵の前に、もはや滅亡寸前の人類に起死回生の策はあるのか。20年の時を超えて、人類と侵略者が再び激突するSFアクションに要注目だ。

『インデペンデンス・デイ』は1996年に劇場公開され、侵略者たちが破壊の限りを尽くすシーンや超巨大宇宙船のビジュアルが大反響を呼んだ。その続編となる『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』では前作のキャスト陣が続投。科学者デヴィッド・レヴィンソン役のジェフ・ゴールドブラム、ジュリアス・レヴィンソン役のジャド・ハーシュ、ウィットモア元合衆国大統領役のビル・プルマンなどが出演している。
新たな主人公・ジェイク役は「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが担当。地球防衛軍の戦闘機パイロットを演じる。監督にはローランド・エメリッヒを再び起用し、前作を凌ぐスペクタクル作品を送り出していく。
[高橋克則]

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
7月9日 TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
配給: 20世紀フォックス映画
(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集