釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-後編- 「楽園追放」“大人の女性が16歳の女の子の姿” | アニメ!アニメ!

釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-後編- 「楽園追放」“大人の女性が16歳の女の子の姿”

インタビュー

11月15日劇場上映スタートの話題の劇場オリジナルアニメ『楽園追放 - Expelled from Paradise -』。電脳世界ディーヴァの捜査官アンジェラ役の釘宮理恵さんと、地上のエージェントであるディンゴ役の三木眞一郎さんへのインタビュー後編は、各キャラクターの役作りを中心にお話をいただいた。
[取材・構成:川俣綾加]

『楽園追放 - Expelled from Paradise -』
11月15日劇場上映
http://rakuen-tsuiho.com/

■ 大人の女性が16歳の女の子の姿のアンジエラ

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
役作りについても教えてください。キャラクターの声の外殻を作る時、どうイメージを膨らませたのでしょうか。

―釘宮理恵さん(以下、釘宮)
とらえどころが無さすぎてあまり自分で決め込まずにいたのですが、現場で水島監督に「全然違う!」と言われ、「もっと大人に、もっと厳しく、もっとプロフェッショナルに!」と調整を加えました。大人の女性が16歳の女の子の姿で、という設定だったので自分でも作りあぐねていたんです。一度テストをやって意見をいただいて、そこから舵を切って作っていきました。

―三木眞一郎さん(以下、三木)
結局必要なのは中身なので、なんとなくの雰囲気でやってしまうと絶対に「そうじゃない」となるんです。アニキなキャラクターだと思ってアニキっぽくすると、それは「アニキ風」にしかならない。だからそこは頑張らなくていいんです。そうわかっているけど、どうしても頑張ってしまったり。

―釘宮
絵に合わせてしまったり。

―三木
「もう三木は40歳越えてるんだろ」という話になって、じゃあこのままの自分でディンゴと向き合えばいいんじゃないか、と思いました。中身がきちんとしていれば、出てくるものはきっとくるはず。
あとは、その役の履歴書だけちゃんとわかっていることが大事。セリフをよんでいった時、きちんと掘り下げていけば、そのセリフや行動の手間に存在する理由がわかってくるのでそれを自分の中で履歴書にする。……って、言うのは簡単なんですけどね。(笑)

fd

―AA
印象に残っているシーンを教えてください。

―釘宮
映像としては終盤の、アンジェラが空高く飛び上がって、地上を見下ろした時の風景の広がりです。アンジェラというキャラクターについては、風邪を引いて寝込んだ時の「がんばらなかったことは無いわよ、いつだって」というセリフです。それまで彼女に対して少し隔たりを感じていたのですが、そのセリフを読んだ時に彼女のことを理解できた気がして、とてもポイントになった部分です。

―三木
アンジェラは、いつも何かに頼ってるんですよね。ディンゴは自分で狙いを定めて引き金を引くけれど、アンジェラは照準を合わせるのすらオートでメカ頼り。地上に降り立った時にサンドワームの大群に追いかけられた時がまさにそうで、最初から明らかに違う。

―釘宮
自分が努力をしてるつもりで全部バックボーンに頼っているんです。

―三木
だから「がんばらなかったことは無い」と本音を吐露した時、彼女自身もそのことに気づいたんだと思います。この流れ、すごくいい。

―釘宮
もちろん努力していなかったわけではなくて、最後の最後では自力じゃなかっただけという見方もできるし、視点の置き方によって心情の違いが見えてきます。

fd

《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「楽園追放」監督から熱烈ラブコールで出演 釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-前編- 画像 「楽園追放」監督から熱烈ラブコールで出演 釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-前編-
  • 「楽園追放」ゼロ号試写開催 釘宮、三木、神谷、ELISA、そして水島監督と虚淵玄が熱い想いを語る 画像 「楽園追放」ゼロ号試写開催 釘宮、三木、神谷、ELISA、そして水島監督と虚淵玄が熱い想いを語る

特集