「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】 | アニメ!アニメ!

「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』4周年イベントについて、“ネタバレあり”での対談インタビューを実施!

インタビュー
注目記事
「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
  • 「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
  • 「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
  • 「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
  • 「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
  • 「ダンメモ」“ネタバレあり”で語る4周年イベント「アエデス・ウェスタ」―原作者・大森藤ノと開発Dのこだわりポイントとは?【対談インタビュー・後編】
TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』のスマートフォン向けRPG『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~(ダンメモ)』内において、リリース4周年を記念したイベント「偉大冒険譚アエデス・ウェスタ」が配信されている。

本イベントは、原作者・大森藤ノ先生による原案・完全プロデュースのオリジナルシナリオで、全3部からなる、過去最大のボリュームとなっている。


原作者の大森藤ノ先生と開発ディレクター中野Dによる対談の後編となる今回は、3部を含むネタバレありの内容でお届けする。

大森先生や中野Dがこだわったポイントや見どころ、キャストの芝居などについて振り返ってくれた。

『アエデス・ウェスタ』対談インタビュー・前編

◆大森「王道展開は気恥ずかしいけど乗り越えた」


――「アエデス・ウェスタ」の中で、大森先生と中野さんにとっての、印象に残るシーンはどこでしょうか。

中野:僕はいつも、リリルカとシアテのシーンは、シナリオ読むたびに泣いてしまうんです。リリルカが子どもに対して厳しいことを言うのは、自分とかさねているんだろうなと思って。子を持つ親として涙が止まらないです。

大森:印象に残るシーンは……執筆作業は苦しみしかなかったです。今回は(笑)。でも、できあがったシナリオをゲームに落とし込む時、スチルの使い方がとても素晴らしいと感じました。特に2部のベルとエルピスが重なり合うシーンは会心の出来だと思いました。

中野:これは若干の裏話ですが、4周年のシナリオを組むスクリプター(※)は二人いたのですが、2部は特に感情表現が上手なメンバーにやってもらいました。2部は繊細な内容が多いので、これを上手く汲んでくれるのはこの人しかいないと思っていたんです。結果、それをしっかり表現してくれたのか、大森先生にも伝わったみたいでよかったです。
(※スクリプター:スクリプト言語を使ってキャラクターに動きをつけたり映像を切り替えたりなどのゲーム上の動作を作り込む役職)

大森:そうだったんですね。本当にすごい良かったです! 3部は、ベルとエピメテウスの2人の英雄のくだりがゲームならではの展開になっていると思います。他にもウェスタとヘスティア・ファミリアのやり取りなど、自分の手から離れてどうなるのか、ワクワクして待っています。


――エピメテウスという敵は、ベルが憧れる英雄そのものですが、改めて『ダンまち』全体のテーマとしても重要な戦いだと思いました。

大森:そうですね。小説本編では出すのが難しい展開ですが、説得力を持たせられたかなと個人的には感じています。「異端児(ゼノス)」編を超えたベルは、私の中ではかなり超人の部類で、もう何をしても諦めない鋼メンタルと化しているんですよね。でも、エピメテウスの前なら折れるだろう、という確信みたいなものがありました。で、実際にぽっきり折れてくれて。念には念を入れてアルテミスの件も上乗せしておいたんですけど、やはり憧憬の相手はベルにとって重要だなと。

――ウェスタ(ヘスティア)をファミリアのメンバーが引き戻す展開も王道展開で熱いですね。

大森:良く言うと王道で、悪く言うとベタですかね。実は、私としてはこういう展開は恥ずかしくて、小説でも書くのをいつもためらっているんです。けど、このシナリオ上、避けては通れないし、スタッフのみなさんもついているから腹をくくってやるしかないと思って、走り抜けました。

――中野さんとしては、この王道展開はいかがでしたか。

中野:これは言っていいのかわからないですが、4周年の企画の初期から、先生は「ここ、やだなあ」って言っていたんです(笑)。先生はシャイなところがあるので、この展開がダメだと思っているわけでは決してないと思うのですが、出来上がったシナリオを読むと、ご自身の気持ちを乗り越えて書いてくださったのがすごく伝わります。クリエイターとして尊敬します。

大森:中野さん達には恥ずかしがっていたのが筒抜けですね(笑)

中野:監修や会議でおっしゃっていることの一つひとつの言葉は、本音なんだなってすごくよくわかります。こちらとしても無理をお願いしてしまったのかなと思うんですが、完成したシナリオは結果として素晴らしいので、本当にプロなのだなあと感じました。

大森:『ダンメモ』で試みることで、私の経験にもなりますし、いつかこういう展開が好きになれるかもしれないですからね。そうやってゲームで培ったものを小説にも還元していきたいなと思っています。ゲームをやっていないファンの方にも、レベルアップしたところを見てもらいたいので。

◆『ダンまち』キャストは常に作品に真摯に向き合ってくれる


――今回、『ダンまち』シリーズ初参加の、イリア役の佐倉綾音さんの芝居はいかがでしたか。

大森:佐倉さんにやってもらって良かったと言うしかないぐらい、素晴らしかったです。

――3部ではイリアの他、その正体であるプロメテウスも演じ分けているんですよね。ボイス収録時の印象はいかがでしたか。

中野:佐倉さんに限らず、『ダンまち』のキャストさんは、みなさん経験値が高い方ばかりなので、こちらから細々とリクエストはせずに、大森先生のキャラクター設定をそのまま伝えるようにしています。
ただ、佐倉さんの場合は最初に、イリアは今回のヒロインですということはお伝えしました。後は、プロメテウスというキャラクターは、ちょっと上から目線で用心深いけど、優しさを併せ持っているとお伝えしたところ、ご本人的にも納得されて演じられたようでした。

――イリアとプロメテウス、佐倉さんの別々のタイプの芝居を一度の物語で堪能できるわけですね。

大森:そうですね。イリアで思い出したのですが、シナリオ段階ではイリアがなかなか可愛くならなくて苦戦していました。2部からエルピス(アルテミス)が登場するので、イリアの存在感が消えてしまう、なんとか可愛くしなきゃと、隙あらばイリアのネタを入れていた気がします。

中野:いえ、すごく可愛かったと思いますよ。佐倉さんにもすごく可愛く演じていただきましたし。ご本人もシナリオを相当読み込んでくださっていました。ベルやヘスティアなどに呼びかける台詞が多いので、各キャラの名前のアクセントもアニメを観て、あらかじめインプットした状態で収録に入っていただけたので、本当に真剣に向き合ってくれたんだなと思いました。『ダンメモ』のキャストさんは、みなさんすごく真摯に作品に向き合ってくれているなといつも感じています。

大森:「アルゴノゥト」の時に私も収録に立ち会わせてもらったんですけど、オルナ役の村川梨衣さんは本当に泣いていましたね。すごい演技ですねと言ったら、「本当に泣いてるんです」と怒られました(笑)。


――エトン役の江口拓也さんはいかがでしたか。

中野:江口さんは、ご自身がこれまで演じたことのないタイプのキャラクターだったようで、イメージを掴むのに苦労されていました。エトンとして登場して、後にエピメテウスとして正体を明かすので、その差をどうつけるかで悩まれていたようです。

大森:私も3部を書いてようやくエピメテウスというキャラクターがわかってきたくらいなので、江口さんも同じ感覚だったのかもしれません。

中野:先日、江口さんのパートも録り終えたのですが、最後はエピメテウスの哀しい部分が出てくるので、時間をかけて収録しました。江口さんもすごく入り込んで演じていただけました。

江口さんには、エクストラから録るか、本編から録るか選んでいただいたんです。あのシーンは心情が難しいだろうと思ったので、ご本人がやりやすい順番を選んでいただこうとご提案をさせていただきました。結果的には本編から録ることになりましたね。本編はエピメテウスの怒りの感情が続くのですが、エクストラパートは、新たな英雄が出てきたことに対して、喜びを感じている面もあると思ったので、少し笑みを含む心情を入れてほしいとお願いしました。素晴らしいシーンに仕上がっているので、みなさん是非プレイしてください。


大森:イリア(プロメテウス)の芝居も楽しみですが、自分はなによりエピメテウスの芝居が楽しみです。特に、エクストラのパートと、ベルと殴り合うシーンですね。GA文庫の編集さんからはベルとエピメテウスの対決シーンが冗長なのではと意見をもらっていて、自分も正直同じことを感じていたのですが、ここは作家のエゴで切れなかったので、どんな風に仕上がっているのか気になっています。

中野:ただのいちファンとして言いますが、自分はあのシーン大好きですよ。テンプレの悪役かと思いきや、本当の野望を告白するシーンや仲間を想う気持ちを描いたシーンで覆されていって、3000年の苦しみがリアルに感じられました。

――ヘスティア役の水瀬いのりさんも今回、別側面と言えるウェスタを演じることになりましたが、特別なディレクションはあったのですか。

大森:今の水瀬さんには何でもお任せできると思っていますから特になかったです。水瀬さんのウェスタの芝居は、PVの時点で私のシナリオをはるかに超えていると思いました。

――水瀬さんは、『ダンまち』のヘスティア役が初めてのメインヒロイン役だったこともあり、大森さんはそれ以降ずっと水瀬さんのお芝居を見てきたことになるのかなと思いますが、成長を実感しますか。

大森:そんな大それた想いはありません。むしろ、『ダンまち』のアニメは、私が水瀬さんの素晴らしい芝居に殴られ続けてきた歴史です(笑)。実は、ヘスティアのイメージは私の中ではもう少し年齢高めだったんですけど、水瀬さんがすごすぎて、「これがヘスティアだ!」と思わされてしまったんです。

――対談の前編では、キャストさんの芝居で先生の執筆も影響されるという話がありましたが、ヘスティアはその中でも一番変化があったキャラクターですか。

大森:ヘスティアが一番変わりましたね。そういう経験をしてきたので、今回も予想通り水瀬さんは期待を超えてくるんだろうなと思っていたら、本当にそうなりました。


◆4周年から5周年、さらにその先を見据えて


――今後、『ダンメモ』でこんなことをやっていきたいというのは、ありますか。例えば5周年に向けての企画など。

大森:私自身、純粋に楽しんでやれていたのは2周年までで、そこからは、より良いものを書くために乗り越えられるかなという不安との戦いでした。なので、これからもその不安と戦っていくんだろうと思います。

中野:5周年も本当にすごいネタなんですよ(笑)。その分、こちらも責任重大ですが、大森先生がなるべく楽しく苦しめるように(笑)、少なくとも『ダンメモ』にこのネタを提供して損したという気持ちにはさせないよう、しっかり作っていきたいと思います。

――5周年イベントのネタもすでに決まっているんですね。

中野:5周年、さらにその先も見据えていろいろ動いています。6周年も概ね決まっていて、それくらい先を見据えて頑張っています。ユーザーのみなさんの声を受け止めつつ、ゲームとしてもさらに進化させていこうと思っています。

――5周年も楽しみにしています。

大森:5周年はもうちょっとボリューム抑えようと思います。

中野:それ、また大ボリュームになるフラグですよね(笑)。



前後編の2本立てでお届けした今回の対談インタビューも、「アエデス・ウェスタ」同様ボリューミーな内容となった。本記事を読んだ後に、また「アエデス・ウェスタ」のストーリーを最初から読んでみるのもいいだろう。新しい発見があるかもしれない。

また、これから先、5周年の話もほんの少しだけだが垣間見ることができた。4年といえば、スマホゲームとしては長いタイトルとなる。しかし、まだまだ『ダンメモ』は様々な楽しみを提供してくれるはずだ。これからの展開にも、期待してほしい。

『アエデス・ウェスタ』対談インタビュー・前編
《杉本穂高》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース