「楽園追放」監督から熱烈ラブコールで出演 釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-前編- | アニメ!アニメ!

「楽園追放」監督から熱烈ラブコールで出演 釘宮理恵さん、三木眞一郎さんインタビュー-前編-

インタビュー

監督に水島精二さん、脚本に虚淵玄(ニトロプラス)さん、いつもアニメ界を揺るがすふたりがタッグを組んだ劇場オリジナルアニメ『楽園追放 - Expelled from Paradise -』が11月15日に劇場上映される。
人類安住の地・電脳世界ディーヴァが謎のハッキングを受け、捜査官アンジェラがその狙いを探るため荒廃した地上に降下。サポートのため徴用された地上のエージェント・ディンゴと共ともに捜査を進めるうち、アンジェラが見た世界とは――。電脳世界、戦闘、そして繊細な表情の表現までもがセルルック3DCGによる見事な映像美を実現した本作。
アンジェラ役・釘宮理恵さんと、ディンゴ役の三木眞一郎さんに作品の魅力について伺った。
[取材・構成:川俣綾加]

『楽園追放 - Expelled from Paradise -』
11月15日劇場上映
http://rakuen-tsuiho.com/

■ 水島監督からの連絡で参加が決定、嬉しい反面プレッシャーも

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
まず、どのように役が決定したのか教えていただけますか? 企画のかなり早い段階で配役が決まったと伺っています。

abesan―釘宮理恵さん(以下、釘宮)
この役について私たちはオーディションを受けていないんです。通常はオーディションを受けてそこで選ばれることが多いのですが、今回は水島監督の中で「誰にしよう?」と思われた時に個人的にメールをいただいたようです。
「釘宮さんにお願いしようかな~」「是非やりたいです!」というやりとりがありました。

―三木眞一郎さん(以下、三木)
そこから顔合わせがあったよね。すごく嬉しかったけれど、同時にすごく怖かったですよ。半年後の自分がどうなっているかもわからないのに、年をまたいで本番を迎えることが決まっていて、プレッシャーもありました。

―釘宮
わざわざご連絡をいただけるということは、メインの役なのかと考えて、さらにプレッシャーを感じました。その後に顔合わせをしましたが、こういう顔合わせもいつもなら無いことなんです。

―三木
顔合わせでは、シナリオをいただいて世界観やキャラクターについて説明を受けました。トレイラー的な映像もその時に見て、こんな作品なんだと把握しました。

―AA
キャラクターについては、水島監督からどんな説明がありましたか?

―釘宮
ざっくりと、大人の女性で、でも生身の身体・マテリアルボディを使って地上では少女の姿をしている、と説明を受けました。

―三木
なんだ、それ(笑)

―釘宮
ちょっと省略しすぎましたが、でもそれくらいのざっくり加減だったんです。

abesan―三木
僕のほうもざっくりだったけどね。「おっさんです」みたいな。世界観のほうは電脳世界があって、地球がこんな状態になっていて……と。
でもとにかく水島監督からメールをいただいたり、顔合わせがあるっていう流れ自体が衝撃的でした。なかなか無いことです。

―釘宮
この座組みの中に参加させていただけて、本当に幸せだなあと思いました。

―三木
「俺たち、大きなもの背負わなきゃいけないんじゃないの!?」という気負いもあって、幸せとプレッシャーが同時に押し寄せて来ましたね。
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集