「一週間フレンズ。」の藤宮さん以外にもこんな切ないキャラが! 記憶障害ヒロインを振り返る | アニメ!アニメ!

「一週間フレンズ。」の藤宮さん以外にもこんな切ないキャラが! 記憶障害ヒロインを振り返る

ニュース

[ニュース提供:/ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」]

この春のアニメ化により、一躍人気作品となった『一週間フレンズ。』。元々注目度は低いわけではなかったものの、現在では書店で原作コミックスが品薄状態になるなど、名実ともに今期アニメのダークホースと言っていいでしょう。

この作品の魅力といえば淡い色調のタッチ、切ない物語を後押しするオープニング&エンディング(スキマスイッチ『奏』のカバー!)などいくつも挙げられます。ただ、やはり何と言っても1週間で友達に関する記憶を失ってしまうヒロインの藤宮さん、そして彼女に惹かれてめげずにアプローチし続ける長谷君の不器用なやり取り、すれ違いが久しく忘れていたラブ心をくすぐってくれます。あぁ甘酸っぱい!

しかし思い返してみれば記憶を失う、失っているというヒロインは過去にも数多くいます。そこで今回はそんな代表的な記憶障害系ヒロインを4人ご紹介。今から彼女達の物語を追えば、『一週間フレンズ。』の行方が予想できるかも?

『一週間フレンズ。』の藤宮さんを観て、多くのアニメ好きが彼女を思い出したでしょう。ヒロインのひとりである彼女の場合は藤宮さんよりさらに記憶を失う条件が厳しく、記憶を保てるのは13時間までで、しかもその対象はすべての事象。そんな彼女が主人公のひとりである蓮治と惹かれ合い、障害を抱えながらも結ばれるハッピーエンドは涙なしでは振り返れません。

『一週間フレンズ。』と同じく、現在放送しているアニメにも記憶障害系のヒロインがいます。こちらは主人公達のクラスに転校してくる魔法使いですが、物体を破壊する破撃を使うごとに記憶を一部失ってしまいます。この現象がどのように物語に作用するか……アニメの行方を見守りましょう。ちなみに同じ原作者の『エルフェンリート』にも、ルーシーという記憶喪失の少女が登場しますね。

2013年を盛り上げたロボットアニメにも、寧子と似た境遇の少女がいました。ヒロインの友人である彼女は、ただでさえ2年前までの記憶しかありません。さらに2期中盤で迎える仲間のピンチに、操縦すると記憶を失ってしまうヴァルヴレイヴを乗って、最後は……。『一週間フレンズ。』でこんなハードな展開はないでしょうが、こうした悲劇はあまり観たくないものです。

『まどか☆マギカ』のほむらや『涼宮ハルヒの憂鬱』エンドレスエイトにおける長門など、記憶に関する設定と親和性が高いのがループもの。それを乙女ゲームのフォーマットに見事に落とし込んだ傑作のアニメ版がこれ。8月1日以前の記憶を失った大学一年生の主人公は、個性的過ぎるイケメン達のアプローチに困惑しながら、そして不意に死んでしまいながらも(!)記憶を取り戻すべく奮闘します。ミステリとしても、ヒロインが翻弄される姿を愛でる萌え作品としても一級品です。

ほかにも『とある魔術の禁書目録』のインデックスのように、我々の記憶に残るヒロイン達は多数存在します。どのキャラクター、物語を思い返しても、視聴時の切なさ、儚さ、そして悲しさを思い起こされてグッときてしまいますね。はたして『一週間フレンズ。』の藤宮さんと長谷君はどのような結末を迎えるか……今から楽しみなような、少し怖いような……。

文=はるのおと

[ニュース提供:/ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」]
《ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集