ガンダムネクタイ全14種 ハイクオリティ目指すロバート・フレイザーが「STRICT-G」とコラボ | アニメ!アニメ!

ガンダムネクタイ全14種 ハイクオリティ目指すロバート・フレイザーが「STRICT-G」とコラボ

バンダイアパレル事業部が展開する「STRICT-G」が、2月8日より「ロバート・フレイザー コラボネクタイ」(全14種、各税抜7800円)の発売を開始した。

ニュース
(c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
  • (c)SOTSU・SUNRISE
ハイクオリティで知られるネクタイブランド「ロバート・フレイザー」が、『機動戦士ガンダム』とコラボレーションする。これまで数々の有名メーカーとコラボレーションしてきた「STRICT-G」が、次はネクタイに狙いを定めた。
「ロバート・フレイザー」を展開する日本を代表するネクタイメーカーAINEXXと組み、ファッション性の高いなかに『機動戦士ガンダム』の世界観を織り交ぜたネクタイを実現した。「STRICT-G」と「ロバート・フレイザー」のダブルネームのネクタイ「ロバート・フレイザー コラボネクタイ」だ。

「STRICT-G」は『機動戦士ガンダム』の世界観を取り入れたメンズアパレルとして、数々のコラボレーションを実現してきた。EDWINやPORTER、Mastermindなどお馴染みのブランドも数多い。その特徴は、高いファッション性を実現させながら、ガンダムの世界観を成立させることだ。
一方、AINEXXは1949年に金沢の問屋・伊藤洋品店としてスタート。こだわりとファッション性を追求したモノづくりで定評がある。国内ネクタイメーカーを代表末する存在だ。今回のアイテムでも色柄や織り方、生糸まで、全てにおいて最高品質を目指した。

そんなコラボレーションから実現したネクタイは、ビジネスシーンでも活用出来るシンプルでスタイリィシュなデザインである。無地柄、ロゴストライプ柄、レジメンタルストライプ柄、ドット柄のベーシックな4タイプとなっている。
しかし、そのひとつひとつが『機動戦士ガンダム』をオマージュしている。

例えば無地柄3種類は、シャア・アズナブル、ランバ・ラル、ジオン公国軍をそれぞれイメージしたカラーリングだ。大剣裏地には、シャア・アズナブルパーソナルエンブレム、ランバ・ラルパーソナルエンブレム、ジオン公国軍マークがデザインされている。
ロゴストライプ柄はモビルスーツをイメージしたカラーリング。機体名、機体ナンバーをデザインしている。レジメンタルストライプ柄もイメージはモビルスーツ、裏地はモノグラム風にデザインしたジオン公国軍マークを絵柄に使用する。
特に注目したいのはドット柄だろう。ドットのデザインが、シャア専用ザクII、シャア専用ザクIIの頭部、ボールのシルエットから引用されている。判る人にはわかる洒落のきいたデザインだ。

発売は無地とロゴストライプが2月8日から、レジメンタルストライプとドットが3月上旬からになる。いずれも税抜7800円、東京・台場のダイバーシティ東京プラザのガンダムフロント東京店と新東名高速道路下り線・静岡サービスエリアのNEOPASA静岡店にて取り扱う。

「STRICT-G」
/http://www.strict-g.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集