「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】

『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞し、賞賛の声を浴びたスタジオコロリドによる、長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が、6月18日(木)より、Netflixで全世界独占配信中。

インタビュー
注目記事
「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
  • 「泣きたい私は猫をかぶる」志田未来&花江夏樹対談 アフレコ秘話、作品の見どころは?【インタビュー】
『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞し、賞賛の声を浴びたスタジオコロリドによる、長編アニメーション映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』が、6月18日(木)より、Netflixで全世界独占配信中。

配信開始に寄せて、主演をつとめたムゲ役の志田未来、日之出役の花江夏樹の対談インタビューをお届けする。


『美少女戦士セーラームーン』や『おジャ魔女どれみ』など、今なお多くのファンに愛されるアニメを創り続けてきた重鎮・佐藤順一と、スタジオジブリを経てスタジオコロリドで数多くの映像作品に参加し、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆がW監督としてタッグを組んで挑んだ本作。

脚本には、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『空の青さを知る人よ』を手がけ、人物の細やかな感情描写で定評のある脚本家・岡田麿里を起用し、 “痛み”や“喜び”に翻弄されながらも“自分”を探す少年少女の奔走を、鮮やかな映像美と共に描き出している。

志田未来が演じる主人公・笹木美代は、いつも明るく陽気な中学2年生。突拍子もない行動をとり、周囲を驚かせることから「無限大謎人間=ムゲ」と呼ばれている女の子。
両親が離婚し、父とその婚約者と一つ屋根の下で暮らしているため、居心地が悪い思いをしつつも、表面上は“仲良くやっている”ように振る舞っている。

同じクラスの日之出賢人が大大大好きで、毎日荒っぽいアピールをしているが、効果はイマイチ。
それでもめげずにいられるのは、ムゲが「かぶると猫になれる」不思議なお面を使って、“猫の太郎”として日之出に会っていたからだった。

一方、花江夏樹が演じる日之出賢人は、ムゲが想いを寄せる男の子。
父はおらず、陶芸家の祖父の影響で陶芸に熱中している。成績優秀で家族からは進学校の受験を期待されているため、本当はほかにやりたいことがあるのになかなか言い出せず、鬱屈した思いを抱えている。
ある日、庭先に現れた白い仔猫と出会い、昔飼っていた愛犬「太郎」と同じ名前を付けかわいがる。

広告の後にも続きます
“人間”のときは距離を置かれてしまうが、“猫”のときは近づけるふたりの関係。ムゲは、猫でいれば、煩わしい人間関係に悩まずに自由でいられる心地よさを覚え、次第に猫と自分の境界があいまいになっていく。
そんなある日、再びムゲの前に、猫のお面をくれた猫店主が現れた。「“人間”を捨てて“猫”として生きては?」と思惑ありげに誘う猫店主。傷ついたムゲが選んだ人生は、“人間”か“猫”かーー。

ファンタジックな世界の中で繰り広げられる、リアルな葛藤のドラマ


――初めて脚本を読んだときの感想はいかがでしたか?

志田:「猫のお面を被ると、猫の姿になれる」というテーマに、とてもワクワクしながら読み始めたのですが、ファンタジーなのに登場人物一人ひとりの感情や葛藤がリアルに描かれていて、台本を読んだ後にガラリと印象が変わって。とても考えさせられる内容だと思いました。


花江:僕も志田さんと同じで、オーディションの時に見せていただいた映像や資料、そして佐藤順一監督と岡田麿里さんが参加なさっているということで、ストーリーの全貌を知る前からワクワクしました。
日常とファンタジーのバランスが絶妙で、学生時代に抱える悩みや、大人になって忘れたり諦めたりしてしまう感情を思い出させてくれる、とても素敵なお話でしたね。

僕は昔から青春系というか、等身大の少年少女のお話を読むのが大好きでしたし、学生時代の記憶を思い出せるので、演じるのも楽しくて。それと僕自身も猫好きなので、運命的な作品だと思いました。


次は、それぞれ演じたキャラクターの魅力について語る!
《中村美奈子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集