【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き? フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは… | アニメ!アニメ!

【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き? フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…

千眼美子(清水富美加)にインタビューを実施。『宇宙の法―黎明編―』で『龍の歯医者』以来2度目となる声優への挑戦や、身の回りのことから役へ取り組む姿勢、好きなアニメ作品など話を訊いた。

インタビュー
【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
  • 【インタビュー】千眼美子(清水富美加)はアニメ好き?  フィギュアを買うほどハマった作品、声優業への想いとは…
千眼美子が今どのような生活を送っているのだろうか。話を伺えると聞いた時にまず思い浮かんだのはそんな疑問だった。どんなリズムで生活をしているのか、以前と比べてどのくらい変化したのか、そして今後女優としての展望は? そういったことを伺えたらと思った。

アニメーション映画『宇宙の法―黎明編―』が10月12日(金)より日米同時公開となる。その中で千眼は重要なキャラクターである宇宙最強の女帝ザムザを演じる。
千眼の声優出演は『龍の歯医者』以来2度目だ。『龍の歯医者』での演技は素晴らしいものだったが、今回話をうかがっていくと、彼女らしい苦悩とでもいえばいいのか、当時のアフレコでの様子も語ってくれた。
声優への思いはもちろん、身の回りのことから役へ取り組む姿勢、驚くような状態からスタートした歌手活動、好きなアニメ作品など、千眼の心を形作っているいくつか。このインタビューを通じて何かを受け取ってもらえたら何よりだ。
[取材・構成=細川洋平]

■役は作るんじゃなくて、なる



――最近はどんな毎日を過ごしているのでしょうか。

千眼
普段は”聖務"と呼んでいる仕事をして過ごしています。
今日のように取材や撮影がある時は女優として出てきて、それ以外は出家者でもあるので、勉強をする毎日ですね。
お祈りや瞑想もしますし、仕事場でパソコンを使い事務をしたりもしています。そのなかで女優業を行っていますので、役に向けた準備とかもしつつ。
出家してからはありがたい事にいろんなお仕事に挑戦させていただいています。歌もやり始めたのでそのレッスンに通ったりという日々を過ごしています。

――そんな中で今回の『宇宙の法―黎明編―』のザムザ役を演じる事になりました。役作りはどういう風に進めていったのでしょうか。

千眼
ザムザさんは、弱肉強食の世界の頂点にいながらそれを正義だと思っている存在です。だから最初、私には分からないなあ難しいなあと思うことがたくさんありました。「生身でやれ」と言われても私には絶対無理な役ですし。

――そうですね(笑)。

千眼
星が違い生きる環境が違ったら考え方も違ってくる。そう理解してザムザさんのセリフを一つ一つ「これはどういう思考回路で言ってるのかなあ」とか「どんな価値観で考えているのかな」と探っていきました。
"宇宙最強の女帝=戦闘的な感じ”と単純に考えるのではなく、配下に対する責任感や最強こその余裕というものをどうやったら声に乗せられるのか試行錯誤していきました。
だいたい、私、学生時代のヒエラルキーで上に立ったことがないのでわからなくて(笑)。だから声色など演じ方を何パターンも練習していきました。

――"宇宙”や"3億3000万年前の地球”といったスケールの大きな作品世界をどういう方法で理解していきましたか?

千眼
それはシナリオに全てが集約されているのでそれを読み込みつつ、他の星が持つ価値観や宇宙人の存在というものを説明している本もたくさんあって、分からない箇所はそういうものを参照しながら穴埋めしていきました。
本を読むというのは今回の役作りの中では大事な作業でしたね。

――インプットは本がメインだったんですね。

千眼
もう関連本は全部読んだかも知れないです。
私、活字が苦手なんですけど宇宙人に関する書籍は昆虫図鑑を読んでいるような楽しさもあってしっかり読めちゃいました。
宇宙人の見た目や主食、どんな価値観を持った星か、といったことが盛り込まれている本で、「いろんな星があるけど、それらは個性がそれぞれ違うだけで、本当は同じ神様に創られた生き物なんだよ、宇宙はひとつなんだよ」ということも盛り込まれているのですごく深いところまで理解できました。


――千眼さんって役作りをする時に作品へ身体から何から丸ごと入る方なんじゃないかなと思っているのですが、いかがですか?

千眼
全部入りますね。自分の中では演じるというよりは「役になる」というところまでいかないとダメだなと思っていて。
芸能界にいた時から、お芝居をもっと上手になりたいとか、自分の表現力がもっとあればもっと伝えたいことはたくさんの人に届くのにって思うことが多かったんです。

その時に、「ならもっともっと役に徹すれば伝わるのかも知れない」と気づいて、それからはどうしたら役そのものになれるのかということを凄く考えるようになりました。
例えば普段の生活からザムザさんを同居させて、「千眼美子はこう考えてこう行動するけど、ザムザさんだったらこうするな」というのを常に考える。それをずーっと続けていくと、ある時から思考の差がなくなるんです。

――同化するんですね。

千眼
だから悪い役だと抜け出すまでに時間がかかっちゃうし、それで結構ボロボロになっちゃうので気をつけなきゃいけないんですけど。ザムザさんの時も結構キツかった。
でもそのキツさに耐えられるかどうかって作品の中でキツい部分がちゃんと昇華されるかというのがすごく大事で、この『宇宙の法―黎明編―』はそういう意味でもキツさが「ああ、やってよかった」に変わったので。

――ザムザは作中で大きな変化が訪れるキャラクターですからね。

千眼
女帝としてゼータ星を支配する存在ですけど、主人公のレイと出会うことで変わっていきます。
演じている時は無意識だったんですけど、カットがかかると途端にくすぐったい気持ちが沸き上がっちゃうような(笑)。ザムザとレイの距離感は収録の時にすごく意識して行きました。

――注目ポイントはどういうところでしょうか。

千眼
全然違う価値観を持ったゼータ星というところから地球にやってきたザムザさんが、レイと触れ合っていく中で言葉じゃなく内面から理解していくところ。人間であるレイがレプタリアン(異星生物)であるザムザに"人とは"ということを教えていくシーンがすごく見どころかなと思います。

→次のページ:声の表現について、歌うことについて
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集