劇場版「名探偵コナン」最新作は“紺青の拳” シンガポールでコナン&キッド&京極真が三つ巴 | アニメ!アニメ!

劇場版「名探偵コナン」最新作は“紺青の拳” シンガポールでコナン&キッド&京極真が三つ巴

劇場版『名探偵コナン』最新作が、『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のタイトルで2019年4月12日より公開されることがわかった。劇場版史上初となる海外・シンガポールを舞台に、コナンとキッド、そして劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。

ニュース
『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ティザービジュアル(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ティザービジュアル(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』アーサー・ヒライ(江戸川コナン)(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ロゴ(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
劇場版『名探偵コナン』のシリーズ23作目にあたる最新作が、『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のタイトルで2019年4月12日より公開されることがわかった。劇場版史上初となる海外・シンガポールを舞台に、コナンとキッド、そして劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の舞台となるのは、劇場版史上初となる海外・シンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡って、コナンとその宿命のライバルである怪盗キッドが、マリーナベイ・サンズで起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれるストーリーが展開していく。

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』アーサー・ヒライ(江戸川コナン)(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会アーサー・ヒライ/パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。
劇場版最新作のキーパーソンとして怪盗キッドの行く手を阻むのは、杯戸高校の空手部主将であり400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真だ。原作の主要ストーリーにも絡む重要キャラクターである京極は、今回が劇場版初登場となる。
京極と怪盗キッドは、実は過去に京極の恋人・鈴木園子を巡って対決したこともある因縁の間柄。ブルーサファイアを狙う怪盗キッドの前に何故か京極が立ちはだかる一方、コナンはキッドによって強制的にシンガポールに連れ出されるとのことで、彼らの三つ巴バトルから目が離せない作品となりそうだ。

原作者・青山剛昌による直筆のティザービジュアルには、シンガポールの代名詞でもあるホテル「マリーナベイ・サンズ」をバックに、不敵な笑みを浮かべる怪盗キッドと見つめあう蘭が描き出された。頬を染める蘭に対し焦るコナンの様子が、波乱の恋模様も予感させてくれる。背後に並び立つ、京極と園子の新たなラブにも期待膨らむ仕上がりといえるだろう。

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』は、2019年4月12日よりロードショー。

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集