豊永利行を日高里菜、水瀬いのりらが総ツッコミ!「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?AJ2016ステージ | アニメ!アニメ!

豊永利行を日高里菜、水瀬いのりらが総ツッコミ!「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?AJ2016ステージ

イベント・レポート

3月26日(土)と27日(日)に東京ビッグサイトにてAnimeJapan 2016が開催された。26日にはBLUEステージにおいて4/7より放送開始のTVアニメ『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』のスペシャルステージが行われた。

イベントのオープニングには本編オープニング主題歌を担当するLuce Twinkle Wink☆が『1st Love Story』を披露しステージを華やかに飾った。入れ替わりで登場したのは豊永利行(西村英騎/ルシアン役)、日高里菜(玉置亜子/アコ役)、水瀬いのり(瀬川茜/シュヴァイン役)、M・A・O(御聖院杏/アプリコット役)、大和田仁美(秋山奈々子役)、南條愛乃(斉藤結衣役)。『ネトゲの嫁~』イベントでは恒例となっているキャラクターデザインの矢野茜らがチャットで参加する「チャットルーム」もステージスクリーンの端に映し出され、イベント進行に対応してチャットコメントが表示された。

登壇したキャストそれぞれが自己紹介を進めていると、大和田さんの時に客席から誕生日を祝う声が。そこからパッとお祝いムードになり、3月23日に誕生日を迎えた大和田さんは思わぬ形でキャスト、会場のファンからお祝いの拍手が贈られた。

今回のイベントは「放送直前ゼミ」と銘打たれ、豊永さんを進行兼講師に、受講生を女性キャスト陣が務めるかたちとなった。最初の講義は自身が演じるキャラクターのキャッチフレーズを発表するというもの。アコを演じる日高さんは「ヤバイ奴」、水瀬さんは瀬川に「豚野郎」と過激なキャッチフレーズを与え、キャラクターを説明した。M・A・Oさんや大和田さん、南條さんは文章でのキャッチフレーズを考案。キャラクターだけでなく、立ち位置や、演技をする上での工夫などもそのフレーズに込められており興味深いアイデアが出揃った。ちなみに豊永さんは「どうしてそんなにモテるんだ!!」と自身の役にキャッチフレーズを与えたが、女性陣からはことごとく「そんなにモテてない」というツッコミを浴びていた。

続いて「第1話見所講座」へ。読んで字の如く、キャストがひと言で見どころを表すというもの。次々と差し出されるフリップに書かれた文字は「おっぱい」「ツン!!」「アプリコット」などなど。「おっぱい」を見どころに選んだ日高さんは、その描写のすばらしさを力説、チャットルームで矢野さんも「がんばったところです!うれしい!」と反応していた。一方、リアル世界でもネトゲ歴の長いことで知られる南條さんはプレイヤーキャラの名前はちゃんと考えた方がいいことを熱弁し、会場に集まったファンの同意と笑いを誘った。
最後に全員から本作の意気込みが語られ、大盛況の内にステージが終了した。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集