「D.Gray-man HALLOW」村瀬歩、花江夏樹、佐藤拓也 AnimeJapan 2016にメインキャストが勢揃い | アニメ!アニメ!

「D.Gray-man HALLOW」村瀬歩、花江夏樹、佐藤拓也 AnimeJapan 2016にメインキャストが勢揃い

3月26日、AnimeJapan 2016のGREENステージにて、テレビアニメ『D.Gray-man』新シリーズ放送決定記念イベントが行われた。その様子をレポートする。

イベント・レポート
3月25日から27日まで、東京ビッグサイトでアニメの総合イベントAnimeJapan 2016が開催された。26日のGREENステージでは、テレビアニメ『D.Gray-man』新シリーズ放送決定記念イベントが行われた。
ステージでは主人公のアレン・ウォーカーを演じる村瀬歩が登壇。新キャスト第2弾として、ラビ役の花江夏樹、神田ユウ役の佐藤拓也も出演し、今夏の新シリーズに向けての心境を語った。

イベントは最新PVの上映からスタート。アクション満載のスタイリッシュな映像がファンの期待を煽っていった。ラストでは新シリーズのタイトルが『D.Gray-man HALLOW』になると明かされ、会場を埋め尽くした観客から盛大な拍手が送られた。
ステージに登壇した村瀬はPVについて「リナリーが可愛い!」と絶賛。スタッフの想いが伝わってくるほどの出来映えに衝撃を受けたと語った。その気持ちに応えられるように「僕らもきちんと誠意を見せてお芝居をしていきたいです!」と意気込みを見せた。

続いて、ラビ役・神田役の発表とともに花江と佐藤が登壇。そのほか追加キャスト陣も次々に明かされ、会場からは喜びや驚きの声が飛び交った。ビッグタイトルゆえの注目度の高さがうかがえる一幕となった。
キャストトークに移ると、新タイトルに付けられた「HALLOW」というワードが話題に上った。「HALLOW」は原作者の星野桂が発案したもので「神に捧げる」や「神聖なものを崇める」という意味を持つ。一体どんな展開が待ち受けているのだろうか。

様々な情報が初公開されたイベントだが、その中でも注目を集めたのがキャラクター設定画である。スタッフの「原作の再現を目指す」という言葉に違わぬ仕上がりに、キャストの3人も驚いた様子。とくにアレンには「手は大きめに描く」など様々な注釈が添えられており、そのこだわりが感じられた。
Q&Aのコーナーでは好きなキャラクターについての質問が飛び出した。佐藤はサモ・ハン・ウォンをはじめとする黒の教団アジア支部のメンバーと回答。花江は中学生のときにリナリーの虜になったと告白して会場の笑いを誘った。村瀬は冷血な性格のルベリエと意外なキャラクターを上げ、三者三様の答えが返ってきた。
最後は村瀬が「皆さんの期待を裏切ることなく、素晴らしい作品を作っていきたいという想いでいっぱいです」とコメントし、イベントは幕を下ろした。『D.Gray-man HALLOW』は2016年7月よりテレビ東京ほかにて放送がスタートする。
[高橋克則]

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集