松本梨香、真殿光昭、小杉十郎太が再集結/『NINKU-忍空-』BD-BOX発売でキャスト座談会-前編‐ | アニメ!アニメ!

松本梨香、真殿光昭、小杉十郎太が再集結/『NINKU-忍空-』BD-BOX発売でキャスト座談会-前編‐

『NINKU-忍空-』のBlu-ray BOX発売を機に、風助役の松本梨香さん、藍眺役の真殿光昭さん橙次役の小杉十郎太さんに集まっていただき、当時の様子をふり返っていただいた。

インタビュー
1995年からおよそ1年間に渡り放送されたTVアニメ『NINKU-忍空-』は「週刊少年ジャンプ」で連載されていた桐山光侍氏のマンガを原作とした作品だ。TVアニメでは原作とはまた異なる魅力も表現され、主人公・風助たちの戦いが描かれた。
スタッフには現在アニメ業界を牽引するアニメーターが数多く関わり、フィルムには当時の高い熱量が焼き付いている。若手とベテランの絶妙な配分のキャスティングや、熱い演技、際立ったキャラクターなどでも多くのファンを獲得してきた。

その本作が20年を経てBlu-rayとなり復活、6月26日にはBOX1が、8月26日にはBOX2が発売される。BOX1には完全新作ドラマCD「藍眺の結婚式」やキャストオーディオコメンタリーなどの特典、BOX2にはVHS以降では初のパッケージ化となる『NINKU-忍空-ナイフの墓標』なども収録される。また、バンダイビジュアルクラブの限定商品には更なる特典もあり、第1巻には「主題歌コンプリートミニアルバム」が、そして第2巻には「キャスト座談会CD」がそれぞれ追加されている。
Blu-ray BOX発売を機に、元・忍空組一番隊隊長・子忍の風助を演じた松本梨香さん、元・忍空組十番隊隊長・酉忍の藍眺(※正しくは月へんに兆)を演じた真殿光昭さん、元・忍空組六番隊隊長・巳忍の橙次を演じた小杉十郎太さんに集まっていただき、当時の様子をふり返っていただいた。
[取材・構成=細川洋平]

「NINKU-忍空-」 Blu-rayBOX 公式サイト
http://www.ninku-box.com/

□ [アニメ「NINKU-忍空-」のネット配信開始]
 6月9日(火)配信開始 dTV
□ 6月12日(金)配信開始 dアニメストア https://anime.dmkt-sp.jp/
※各配信サイトの「NINKU-忍空-」配信情報の詳細は配信開始と同時となります。

abesan■ また会えたって感動する気持ちでいっぱい

――お三方がこうして揃うことに興奮しております。

松本梨香(以下、松本)
最高ですよね。うれしくて前の日眠れなかったです。

真殿光昭(以下、真殿) 
みんなウキウキしていて、今日は遠足みたいだね、って言っていました。

――久しぶりに顔を合わされたお気持ちはいかがでしょうか。

真殿 
いや、久しぶりという気持ちはしないですね。Blu-ray BOXが発売されということで、最近、特典用にオーディオドラマを録ったんです。その時からいつもと変わらないって感じでした。

松本 
再会はずっと前から決まっていたかのように自然に演じていました。

真殿 
20年って感じはしないんですよ。

小杉十郎太(以下、小杉) 
俺自身は年取っちゃったなって感じだけど(笑)。
作品自体は全然。収録時にはすーっと20年前に戻る感じでした。

――「役を思い出す」手間や、ブランクは感じませんでしたか?

abesan松本 
ないですね。さすが今も変わらず第一線で活躍していて、みなさん声が全然変わってない。私もがんばっててよかったなって思いますね。

真殿 
梨香ちゃんにしても林原めぐみちゃんにしても、全然声変わってないですよ。

松本 
『忍空』のみんなが元気なんだって確認できて、また会えたって感動する気持ちと感謝する気持ちでいっぱいでしたね。大好きな作品だから、胸がいっぱいになっちゃって…。

真殿 
大っ好きでした。僕はこの業界に入ってはじめて大きな作品でのレギュラーなので、喜びもひとしおですよ。

小杉 
この頃、真殿くんはこの業界に入ってまだ3年目だったんだよね。

――真殿さんが演じられる藍眺(眺は「月」+「兆」)は、林原さん演じる里穂子に対する強烈な言葉など、ダイナミックな役ですからね。

松本 
パワフルですもんね。あれでストレス発散してたんじゃない?

小杉 
絶対してたよ!収録の後はすっきりだったはず。

abesan真殿 
当時は若いというのもあって、たまにスタジオで鼻血を出していたんですよ。そしたら梨香が「マドピー血の気が多いからもっと出しといた方がいいんじゃない?」って。鼻血を出すことを勧めるって(笑)!

松本 
でもね、スタジオで鼻血出す人なんて他にいないし、聞いたことないです。

小杉 
うん、いないね。

真殿 
さんざん叫んだ後に、席戻ってツーッと……。かなりの頻度で出してましたね。

abesan小杉
録音ブースの中、熱かったしな。

松本 
みんなの熱気が凄かった。本気で叫んでたってことでしょ?まさに魂の叫びだよね。

真殿 
叫ぶ役は多いんですけど、今はないですね。

《細川洋平》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集