AnimeJapan 2015「終わりのセラフ」ステージでは新キャスト発表、豪華男性キャスト陣が収録秘話を語る | アニメ!アニメ!

AnimeJapan 2015「終わりのセラフ」ステージでは新キャスト発表、豪華男性キャスト陣が収録秘話を語る

Anime Japan 2015にて、4月より放送予定『終わりのセラフ』のWebラジオ、「終わりのラジオ」のスペシャル公開録音が開催。豪華キャストが収録秘話を語った。

イベント・レポート
3月20日(金)から22日(日)まで東京ビックサイトにて開催された総合アニメイベント「Anime Japan 2015」にて、4月より放送予定『終わりのセラフ』のWebラジオ、「終わりのラジオ」のスペシャル公開録音が開催。本ラジオパーソナリティの鷲崎健、梅原裕一郎をMCに岡本信彦、石川界人、櫻井孝宏ら出演者が登壇し、GREENステージに詰め掛けた約1,000人の観客を沸かせた。

「ジャンプSQ.」(集英社)にて連載されている人気漫画『終わりのセラフ』をアニメ化した本作は、4月より1クール目が放送、10月より2クール目の放送も決定している。
TV放送に先駆けて、Webラジオ「終わりのラジオ」が2月20日より隔週金曜日にて配信開始。新星声優・梅原さんと、ベテランパーソナリティの鷲崎さんやゲストの先輩声優たちとが繰り広げる軽快なトークや収録裏話などで早くも人気を博している。

本イベントは、MC二人の「セラッチェー!」というオリジナルの掛け声から勢いよくスタート!会場が盛り上がる中、続けて、本作の初解禁情報が続々と公開された。
キャスト発表第7弾として、阿朱羅丸役を山村響(「Go!プリンセスプリキュア」天ノ川きらら役)、ラクス・ウェルト役を永塚拓馬、そしていままで配役が隠されていた梅原さんが、吸血鬼のレーネ・シム役を務めることが明らかになった。初公開の最新PV上映では、迫力の映像と音楽に会場から自然と拍手が起こる一幕も。キャラクター紹介ではキャスト陣がアフレコを振り返って役どころや収録秘話を語った。

岡本さんは久しぶりの可愛らしいビジュアルの役に、声を高く作りすぎたと話した。16歳じゃない、と言われ、入野さんからもやりづらくないかと言われたそうだ。そして役作りについて告白。石川さんは強くて頭良くて眼鏡でカッコイイ、そして妹を大事にしてる部分は自分に重なると、自身のキャラクターの魅力を分析した。

さらに、最近“悪い奴”役が続いている櫻井さんは本作でも人の命を弄ぶ吸血鬼の貴族を好演。周囲のぴったりだ、という反応にキャラの気持ちがまったく分からないという櫻井さん。しかし非常に重要なポジションであり、掴みどころがない闇の深い部分を色濃く出したいと、強大な敵役を演じることには意欲満々の様子。
いまだ謎が多い梅原さんも自身のキャラクター・レーネについてはかなり強い吸血鬼だと話した。これから活躍の場が増えていくんじゃないか、と観客の期待を煽った。

この日はほかに、本作のあらすじ紹介やラジオのクイズコーナーが、梅原さんと先輩声優たちとの初々しい掛け合いで進行。本ラジオの魅力と演者のチームワークの良さがにじみ出るイベントとなった。

最後の挨拶ではキャスト陣が本作の見所を熱弁。「中身濃くてドラマティックで、すごく楽しい作品。僕も1話1話ごとを楽しんでます。」(櫻井さん)、「ストーリーが人の心に焦点を当てていて、本当に演じ甲斐があり、他のキャラも入り込み甲斐がある。ぜひとも引っ張られながら見てほしい。」(石川さん)、「個人的には、吸血鬼同士のバトルシーンが好き。女性陣はチューチュー吸うところを見ていただければ嬉しい」(岡本さん)と、本作を楽しみにするファンへメッセージを送った。

今春の注目作のひとつとなっている本作。テレビ放送と併せてラジオでも『終わりのセラフ』ワールドを堪能してみて欲しい。

『終わりのセラフ』は2015年4月よりTOKYO MXほかにて順次放送。

テレビアニメ『終わりのセラフ』
/http://owarino-seraph.jp/
《谷内》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集