日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一 | アニメ!アニメ!

日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一

イベント・レポート

日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一
  • 日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一
  • 日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一
  • 日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」目標額を越えKickstarterアニメ部門で世界一
目標額を大きく上回る!日本発オリジナルアニメ「Under the Dog」クラウドファンディングのKickstarterアニメ部門で世界一に

by ロミ

インディーズアニメ『Under the Dog』が日本時間の9月8日0時53分にクラウドファンディングサイトKickstarterでの約1ヶ月に及ぶ資金集めを終了した。米国ボルチモアで開催された東海岸最大の日本アニメ・マンガのコンベンション「OTAKON 2014」で制作が発表されて以来、当初は目標額の58万ドルの達成も危ぶまれていたが、最終的にはKickstarterアニメーション部門で歴代1位の支援金額を集めるという快挙を成し遂げた。

“合計$878,028、12,157名の皆様にご支援いただきました。アニメ部門Kickstarter第1位。これも皆様一人一人の協力なしに成し遂げることはできませんでした。心が折れそうなときも、これだけの方に支えられていると思うと立ち上がることができたのです。ありがとうございました。”
(日本語公式ツイッターアカウント@UndertheDogJPによるツイート)

『Under the Dog』は、2025年の東京が舞台のSFアクション&サスペンスアニメ。日本の大物クリエイターの数々が結集した新プロジェクト。
それでは、ここで作品の各スタッフをコメントと共に紹介する。

“おかげさまで『Under the Dog』がキックスターターアニメジャンルで世界一を達成出来ました。これも皆さんの応援、そしてPRスタッフの尽力の賜物と感謝しています。これからはフィルム作りに現場一丸で頑張らないと!”
(原作の『428~封鎖された渋谷で~』『タイムトラベラーズ』などを手がけたゲームクリエイターイシイジロウ氏によるツイートより。)

“目標を35万$も上回る結果に驚いています。ご支援、ありがとうございます!きっと良い作品となって皆様の元へ帰ってくると思います。”
(キャラクターデザイン担当の『どーにゃつ』『ファイアーエムブレム覚醒』『NO MORE HEROES』『パズル&ドラゴンズ』などで知られるコザキユースケ氏によるツイート)

“皆様UTDのご支援ありがとうございました!是非このままご協力ください!このようなアニメの制作方法でアニメ業界をもっと活性化したいと思っております!是非#KEEPANIMEALIVEでツイートしてください!” 

abesan(プロデューサー・音楽監督の代表作に『涼宮ハルヒの消失』『Diablo III』『SOULCALIBUR V』『El Shaddai』『戦場のヴァルキュリア』などを持つ由良浩明氏によるツイート)

“皆様の支援のおかげで予定の58万ドルを大きく越える数字を達成することが出来ました。ここから本当の戦い(アニメーション制作)が始まりますが、引き続き応援よろしくお願いします。”
(監督の『ストレンヂア 無皇刃譚』『CANAAN』『花咲くいろは』『絶園のテンペスト』などを演出してきた安藤真裕氏によるコメント)

abesan-日本の皆様へ-
支援をしてくれた皆さん、急なお願いにもかかわらず、宣伝をご協力してくれた方々、本当にありがとうございました!。
ご好意と期待を裏切らないフィルムを作ります。これからも宜しくお願いいたします。
今回は、人との絆を本当にありがたく感じました。これからは(より一層)、皆様にやさしい小笠原になります!。
(制作スタジオ・キネマシトラスの代表、小笠原宗紀氏によるブログコメント。『ゆゆ式』『ブラック・ブレット』『ばらかもん』などを制作してきた。キネマシトラス制作日記より。イラストはK.Mさん。)
《ロミ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集