革命的コラボがシンガポールに上陸 T.M.R.×水樹奈々にアニメフェスティバル・アジアが熱狂 | アニメ!アニメ!

革命的コラボがシンガポールに上陸 T.M.R.×水樹奈々にアニメフェスティバル・アジアが熱狂

イベント・レポート 海外イベント

11月8日から10日までの3日間、シンガポールのサンテック・コンベンション&エキジビションホールにて、東南アジア最大の日本アニメイベントであるアニメフェスティバル・アジア(ANIME FESTIVAL ASIA:AFA) 2013が開催された。2013年の動員は8万5000人にもなる巨大な催しだ。
期間中は、数多くの人気アニメ、アーティスト、声優、アニメスタッフが日本から訪れ、現地のファンと交流を深めた。日本のアニメ、マンガ、音楽が会場を埋め尽くした。

その中でも、一際、注目を集めたのが、11月10日に行われた“ヴァルヴレイヴナイト”だ。日本では第2シーズンが現在放送中の人気作『革命機ヴァルヴレイヴ』の主題歌を担当したアーティストが一堂に会するスペシャルなライブである。
そして、日本では革命的コラボレーションとして話題を呼び、主題歌を担当したT.M.Revolutionと水樹奈々のライブパフォーマンスも行われた。T.M.RevolutionのAFAへの出演は2年連続となり、お馴染みの顔として観客から大きな声援を受けた。そして、水樹奈々さんはこれが初の海外イベント出演だ。海外のファンにとっては待望のステージである。

当日、ホールは、シンガポールのみならずアジア各国から集まったアニメファンで埋め尽くされた。ライブのスタートは、angela、そしてELISAと続き、いっきに会場を『革命機ヴァルヴレイヴ』の音楽の世界に塗り替えた。
その後、ステージに西川貴教が現れると、会場には「T.M.R.」コールが巻き起こった。西川のスタートは「戦国BASARA4」オープニングテーマに決定している「Count ZERO」。いきなり新曲の披露となった。
さらに「戦国BASARA」シリーズでおなじみの「FLAGS」、「機動戦士ガンダムSEED」シリーズから「INVOKE」、「Meteor」、「vestige」、「Zips」と続く。最後は「ignited」で締めくくられた。

そして、“ヴァルヴレイヴナイト”の最後を飾ったのが、T.M.Revolution×水樹奈々だ。水樹奈々が加わり、まずは革命的コラボの第1弾「Preserved Roses」、そして「革命デュアリズム」が披露される。高速ビートで観客を熱く盛り上げた。
MCでは、それぞれが曲と作品への想いを語った。「みんなの愛をビシビシ感じて、私最高です!!」と水樹、「2人でコラボレーションして、海外までこれて嬉しいです!!」「Thank you very much. We dedicate this song for you. Last song for you with Nana Mizuki!! 一緒に歌いましょう!!」と西川が感謝の気持ちをファンに伝えた。
そして最後の最後は、「HEART OF SWORD ~夜明け前~」を2人で熱唱し、ライブの幕を閉じた。
シンガポールでも、日本同様の熱いステージを繰り広げた二人。今後も、さらに日本、そして世界で羽ばたきそうだ。

アニメフェスティバル・アジア(ANIME FESTIVAL ASIA:AFA) 2013
/http://www.animefestival.asia/

T.M.Revolution×水樹奈々特設サイト
/http://www.tmr-mizukinana.com/
T.M.Revolutionオフィシャルサイト
/http://www.tm-revolution.com/
水樹奈々オフィシャルサイト
/http://www.mizukinana.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集