「凪のあすから」10月3日スタート キャスト7人が第1話のアフレコを報告 | アニメ!アニメ!

「凪のあすから」10月3日スタート キャスト7人が第1話のアフレコを報告

電撃大王が、良質のアニメで知られるP.A.WORKSと手を組んで、完全オリジナルの新作テレビシリーズを作りだしだ。2013年10月より2クールにわたり放送される『凪のあすから』だ。

ニュース
キャスト陣
  • キャスト陣
  • キャスト陣
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
  • (c)Project‐118/凪のあすから製作委員会
数々のヒットコンテンツを生み出してきた電撃大王が、『有頂天家族』、『花咲くいろは』など良質のアニメで知られるP.A.WORKSと手を組んで、完全オリジナルの新作テレビシリーズを作りだしだ。2013年10月より2クールにわたり放送される『凪のあすから』だ。
監督に『黒執事』、『RDG レッドデータガール』などの篠原俊哉さん、シリーズ構成に岡田麿里さん、キャラクター原案:ブリキさん、キャクターデザイン・総作画監督に『Another』の石井百合子さんと強力スタッフが揃うのも魅力である。9月27日には先行試写会も開催されたが、来場者から大好評だった。

作品の世界はやや変わっている。日常的な風景にファンタジーが織り込まれ、少年少女の青春が描かれる。ここでは人間は昔、海に住んでいた。海の残った人たちと、陸に上がった人間が共存する世界となっている。
物語は海底にある海村で暮らす中学二年生の先島光、向井戸まなか、比良平ちさき、伊佐木要、そして彼らと出会い、交流することになる地上で暮らす木原紡が描かれる。日常とファンタジーが結びつくのが魅力となる。
第1話「海と大地のまんなかに」では、それまで通っていた中学が廃校になったため、地上の中学校に通うことになった光、まなか、ちさき、要から始まる。そこに様々な事件が起きて・・・第1話から見どころ満載だ。

そんなキャラクターたちを演じる声優さんたちの声の演技も魅力だ。すでに終了した第1話のアフレコ終了後、声優陣が本作の魅力を語った。

『凪のあすから』
/http://nagiasu.jp
公式Twitter @naginoasukara

「凪のあすから」第1回アフレコ終了後、オフィシャルコメント

花江夏樹 (先島光役)
花澤香菜 (向井戸まなか役)
茅野愛衣 (比良平ちさき役)
逢坂良太 (伊佐木要役)
石川界人 (木原紡役)
小松未可子 (潮留美海役)
石原夏織 (久沼さゆ役)

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集