大団円を迎えるのか?「凪のあすから」 最終回を前に声優陣がアフレコ終了コメント発表 | アニメ!アニメ!

大団円を迎えるのか?「凪のあすから」 最終回を前に声優陣がアフレコ終了コメント発表

ニュース

2013年秋からテレビ放送を開始、毎回が心を揺さぶるストーリー、泣けるアニメとして話題を呼んでいるアニメ『凪のあすから』からがいよいよ最終回を迎える。
2014年4月4日の夜をスタートに、各局で第26話「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~ Earth color of a calm~」が放送される。半年間、多くのファンの心を捕えてきた『凪のあすから』のフイナーレだ。

ファンにとって気になるのが、物語の結末と最終回のストーリーだろう。いつもであれば、次回のあらすじと何点かの場面カットが、最初の放送日前日に公式サイトにアップされるところだ。
しかし、今回は“制作上の都合”としてあらすじは非公開とされている。また、場面カットは一点のみ。後姿で海を眺める一人のキャラクターで、それが誰かも分からない。
もともと『凪のあすから』は完全オリジナルの作品ということもあり、先の展開が読めない作品になっている。しかし、最終回は、完全に情報ゼロで迎えることになる。サイブタイトルとしては異例の長さになった「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~ Earth color of a calm~」が手掛かりと言えるかもしれない。

一方で、放送を前に、最終回のアフレコはすでに収録済だ。そんな最後のアフレコを終了した声優陣からメッセージが公開された。
花江夏樹さん(先島光役)、花澤香菜さん(向井戸まなか役)、茅野愛衣さん(比良平ちさき役)、逢坂良太さん(伊佐木要役)、石川界人さん(木原紡役)、小松未可子さん(潮留美海役)、石原夏織さん(久沼さゆ役)の7人だ。半年間、個性的なキャラクターたちを演じきったその感想は、どうだっただろうか。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集