水樹奈々さんがナビゲーション フランス・アニメーション教育成功の秘密 WOWOW放映  | アニメ!アニメ!

水樹奈々さんがナビゲーション フランス・アニメーション教育成功の秘密 WOWOW放映 

ニュース

左:水樹奈々さん、右:番組から
  • 左:水樹奈々さん、右:番組から
WOWOWは、近年はアニメ番組の充実でアニメファンの間でも存在感を増している放送局だ。そんなWOWOWがアニメファンにも関心を惹きそうなドキュメンタリー番組を放送する。
8月31日(金)夜22時からWOWOWプライムにて、ノンフィクションW「フランスアニメが世界を獲る日~小さな街が生んだ奇跡のCG学校~」を放映する。世界でもトップクラスとされるフランスを代表するアニメーション学校を特集するものだ。

番組で取り上げられる学校は、ベルギーにほど近い工業都市ヴァランシエンヌにあるシュパンフォコムだ。CGアニメーションのクリエイター養成学校である。
もともと地域の雇用対策と産業振興を目的とした職業訓練校であったシュパンフォコムは、1989年の開校から20年あまりで世界最高峰のCGアニメーションのクリエイターを生み出す場所になった。アカデミー賞のアニメーション部門での幾つものノミネート、『カーズ2』や『アバター』といった大作への参加、その存在感は大きい。
本番組では、ゼロからスタートしトップに登り詰めた学校の歴史を追う。各地から集まる生徒たち、国際コンペティションへの作品出品や、卒業制作に試行錯誤しながら取り組む様子も興味深いものだろう。

そんな番組で注目したいのが、このドキュメンタリーのナレーションを水樹奈々さんが務めることだ。日本のアニメシーンに欠かせない、そしてアニメをよく知るからこそのナレーションが期待される。

そんな番組の感想を水樹奈々さんは、次の様に話す。
「フランスの小さな町で世界レベルのエリートたちが育っていることは、今回、初めて知りました、しかもこの学校が25年前からあったなんて!
でも、同時になるほどと思うところもあって。毎年、フランスで開かれるジャパン・エキスポでは日本のアニメが大人気ですし、私自身もそのイベントに声をかけていただいたり、フランスのファンの方から手紙をいただいたりすることもあるので、この学校の存在も含めて、フランスのアニメに対する情熱はとても凄いと改めて感じました」

また、番組の見どころも、紹介する。
「私が声優としてアフレコに入るときも、絵がまだ完成していないことが多くて、スタッフのみなさんの命がけの苦労を感じています。
でも、この番組を通して、アニメ制作の実作業にはたくさんの愛情が込められているんだと改めて実感しました。チームワークがとても大事なので、スタッフが誰ひとり欠けても成立しないんですよね。
シュパンフォコムの生徒たちも、ひとりの能力が高いだけではだめで、他人と意見をすり合わせてコミュニケーションを図ることを学んでいきます。そこには集団作業ならではの感動があるから、この番組はアニメファンでない方にも、身近に感じてもらえるのではと思います。
私も生徒たちを見守るような温かい気持ちでナレーションに臨みましたので、ぜひご覧になってみてください」

ノンフィクションW
「フランスアニメが世界を獲る日~小さな街が生んだ奇跡のCG学校~」
/http://www.wowow.co.jp/documentary/nfw/

8月31日(金)22時からWOWOWプライムにて放送
(9月2日(日)10時他、再放送あり)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集