ノベルのニュース記事一覧(16 ページ目) | ニュース | アニメ!アニメ!

ニュース ノベル ニュース記事一覧(16 ページ目)

8年ぶりにでた 「えんため大賞」受賞作 アニメPVで登場 画像
ニュース

8年ぶりにでた 「えんため大賞」受賞作 アニメPVで登場

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のアニメによるプロモーションムービーが制作され、12月26日よりファミ通文庫のウェブマガジン「FBonline」にて公開、配信

アカデミー賞作家・加藤久仁生 絵本「あとがき」発売 画像
ニュース

アカデミー賞作家・加藤久仁生 絵本「あとがき」発売

2月16日、白泉社よりアニメーション作家の加藤久仁生さんが描く絵本『あとがき』が発売となった。『あとがき』は、白泉社の絵本情報誌「月刊MOE」

第32回SF大賞に上田早夕里さん 「華竜の宮」 画像
ニュース

第32回SF大賞に上田早夕里さん 「華竜の宮」

日本SF作家クラブは、2011年12月11日に、第32回日本SF大賞の最終選考を実施、各賞受賞作品を発表した。日本SF大賞には、上田早夕里『華竜の宮』(早川書房)が、

「百億の昼と千億の夜」英訳出版 日本SFの古典が米ハイカソルで 画像
ニュース

「百億の昼と千億の夜」英訳出版 日本SFの古典が米ハイカソルで

光瀬龍さんのSF小説『百億の昼と千億の夜』が、米国で翻訳出版された。米国の翻訳出版・ライセンス管理会社であるVIZ Mediaが、

京極夏彦「ルー=ガルー2」 単行本、文庫、電子書籍など同時展開 画像
ニュース

京極夏彦「ルー=ガルー2」 単行本、文庫、電子書籍など同時展開

作家・京極夏彦さん2001年に発表したSFミステリー小説『ルー=ガルー 忌避すべき狼』の続編が10年振り書かれた。講談社は10月14日に

「ダ・ヴィンチ電子ナビ」 電子と紙の書籍・マンガ情報サイト 画像
ニュース

「ダ・ヴィンチ電子ナビ」 電子と紙の書籍・マンガ情報サイト

メディアファクトリーは、本とマンガの最新情報を届けるサイト「ダ・ヴィンチ電子ナビ」を、9月6日にスタートした。

最終章スタート オーフェン完全新作「原大陸開戦」11/25発売決定 画像
ニュース

最終章スタート オーフェン完全新作「原大陸開戦」11/25発売決定

秋田禎信さんによる完全新作の書き下ろし『魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦』が、11月25日に発売される。

「魔術師オーフェン」最新刊 9月24日発売 11月から新シリーズ 画像
ニュース

「魔術師オーフェン」最新刊 9月24日発売 11月から新シリーズ

魔術師オーフェンシリーズの最新刊『魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端』の発売日が決定した。TOブックスから9月24日に、税込1575円(予定価格)にて発売される。

角川コンテンツゲート 電子書籍で「涼宮ハルヒの驚愕」発売 画像
ニュース

角川コンテンツゲート 電子書籍で「涼宮ハルヒの驚愕」発売

角川コンテンツゲートは、電子書籍プラットフォームBOOK☆WALKERにて、7月21日に人気ライトノベルシリーズの最新作『涼宮ハルヒの驚愕』の電子書籍を発売すると発表した。

今度の「魔術士オーフェン」は3ヵ月連続刊行 11月には新シリーズ 画像
ニュース

今度の「魔術士オーフェン」は3ヵ月連続刊行 11月には新シリーズ

『魔術士オーフェンはぐれ旅』の刊行が、2011年9月より毎月1冊、3ヵ月連続になることが発表された。『魔術士オーフェンはぐれ旅』は、秋田禎信さんの書く

「オーフェン」新シリーズに小冊子第2弾 「重大発表あり」 画像
ニュース

「オーフェン」新シリーズに小冊子第2弾 「重大発表あり」

秋田禎信さんの『魔術士オーフェン はぐれ旅』が、発売に先駆けて6月18日より新たな無料冊子を配布することが決定した。今秋に新シリーズにて発売と大きな話題を呼ぶ

「魔術士オーフェン」書き下ろし短編 4月13日以降配布開始 画像
ニュース

「魔術士オーフェン」書き下ろし短編 4月13日以降配布開始

『魔術士オーフェン』の新シリーズがスタートする。スタート開始と伴に合かねてより企画されていた本作の「書き下ろし短編収録の無料小冊子」の配布時期

今秋から「魔術士オーフェン」新シリーズ 4月に無料の小冊子 画像
ニュース

今秋から「魔術士オーフェン」新シリーズ 4月に無料の小冊子

秋田禎信さんによる『魔術士オーフェン』シリーズに、新シリーズが登場する。3月1日に発表された。

ファイナルカウントダウン「ゼロの使い魔」 シリーズ累計450万部 画像
ニュース

ファイナルカウントダウン「ゼロの使い魔」 シリーズ累計450万部

ツンデレブームの先駆けともなった『ゼロの使い魔』の第20巻「古深淵の聖地」が、2月25日に発売される。これまでの既刊シリーズ累計部数は今年2月時点で450万部を越えている。

ハルヒ最新作 2011年5月に2冊同時、世界同時発売を発表 画像
ニュース

ハルヒ最新作 2011年5月に2冊同時、世界同時発売を発表

角川書店は「涼宮ハルヒ」シリーズの最新作『涼宮ハルヒの驚愕』を2011年5月25日に角川スニーカー文庫から発売すると発表した。

日本SF大賞に2作品「ペンギン・ハイウェイ」「日本SF精神史」 画像
ニュース

日本SF大賞に2作品「ペンギン・ハイウェイ」「日本SF精神史」

日本SF大賞の受賞作を発表した。受賞作品は森見登美彦さんの『ペンギン・ハイウェイ』、そして長山靖生さんの『日本SF精神史』

伊藤計劃「ハーモニー」など日本SF英訳版 iPad等で配信へ 画像
ニュース

伊藤計劃「ハーモニー」など日本SF英訳版 iPad等で配信へ

日本SF小説の英訳版が、iPadやiPhoneでも読めることになる。北米で日本マンガなどの翻訳出版をするViz MediaのSF部門ハイカソル(HAIKASORU)レーベルが、電子書籍の配信に乗り出す。これはハイカソルレーベルの公式サイトが明らかにした。

桜坂洋のSF小説 ワーナーが映画化権獲得と報道 画像
ニュース

桜坂洋のSF小説 ワーナーが映画化権獲得と報道

日本のSF作家桜坂洋さんの代表作『All You Need Is Kill』がハリウッドにて映画化される可能性が出てきた。米国のエンタテイメント情報サイトDeadline.comは、4月5日付で米国の大手映画会社ワーナー・ブラザースが『All You Need Is Kill』を基にした

北米の日本SFレーベル「ハイカソル」 7月スタート桜坂洋、小川一水で 画像
ニュース

北米の日本SFレーベル「ハイカソル」 7月スタート桜坂洋、小川一水で

 今年1月に報じられたVIZメディアによる北米での日本SF専門出版レーベルが、いよいよこの7月にスタートする。北米のマンガ出版社VIZメディアが、その第1弾となる『All You Need Is Kill』(桜坂洋著)と『時砂の王』(小川一水著)のリリースを発表した。  このレーベ

グイン・サーガ 100巻までを2冊に収納 巨大豪華限定本発売 画像
ニュース

グイン・サーガ 100巻までを2冊に収納 巨大豪華限定本発売

 1979年に刊行を開始した栗本薫さんの大河ファンタジー小説シリーズ「グイン・サーガ」の巨大豪華本が早川書房から発売される。グイン・サーガの生誕30周年を記念したもので、これまで発売された作品のうち第1巻から100巻までを2分冊で収録する。  書籍の定価は税込24

米国で日本SFの翻訳出版専門レーベルスタート野尻抱介や乙一ら 画像
ニュース

米国で日本SFの翻訳出版専門レーベルスタート野尻抱介や乙一ら

 日本のアニメやマンガの人気が拡大している米国で、日本のSFの翻訳出版を専門に行なうレーベルがこの夏スタートする。出版を行なうのは北米で日本マンガの翻訳出版最大手のVIZメディアである。  VIZメディアは小学館、集英社、白泉社のマンガの翻訳出版で、米国で大

米国 児童文学翻訳賞に「精霊の守り人」 2年連続日本作品 画像
ニュース

米国 児童文学翻訳賞に「精霊の守り人」 2年連続日本作品

 米国の児童図書館協会は、翻訳出版された海外児童文学のためのミルドレッド・L・バチェルダー賞の2009年の作品に『精霊の守り人』を決定した。バチェルダー賞は英語以外で書かれた児童文学のうち、米国で翻訳出版された中から最も優れた作品を選ぶものである。  『

筒井康隆新作ライトノベル8月発表 いとうのいぢとのサイン会も 画像
ニュース

筒井康隆新作ライトノベル8月発表 いとうのいぢとのサイン会も

 日本の大御所SF作家の筒井康隆氏が昨年ライトノベルを書くと宣言してから約8ヶ月、いよいよその全容が明らかになりそうだ。  筒井さんの公式「縦書き」ブログである「笑犬楼大通り・偽文士日碌」で、掲載誌「ファウストvol.7」の発売日が8月10日頃とされている。

  1. 先頭
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15
  11. 16
  12. 17
Page 16 of 17