「SING」最新作、B’z・稲葉浩志が声優初挑戦!伝説のミュージシャン役「凄く新鮮で楽しかった」 | アニメ!アニメ!

「SING」最新作、B’z・稲葉浩志が声優初挑戦!伝説のミュージシャン役「凄く新鮮で楽しかった」

シリーズ最新作『SING/シング:ネクストステージ』(2022年3月18日公開)より、新キャラクター・ライオンのクレイ・キャロウェイ役の日本語吹き替え版を、声優“初挑戦”となるアーティスト・稲葉浩志が担当することが発表された。

ニュース
注目記事
クレイ・キャロウェイ キャラ写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • クレイ・キャロウェイ キャラ写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 稲葉浩志
  • 『SING/シング:ネクストステージ』本ポスタービジュアル(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
イルミネーション・エンターテインメントが贈るシリーズ最新作『SING/シング:ネクストステージ』(2022年3月18日公開)より、新キャラクター・ライオンのクレイ・キャロウェイ役の日本語吹き替え版を、声優“初挑戦”となるアーティスト・稲葉浩志が担当することが発表された。

■『SING/シング:ネクストステージ』とは?


本作は、『ミニオンズ』『ペット』『怪盗グルー』などで知られるイルミネーション・エンターテインメントが制作し、2017年に公開された『SING/シング』に続くシリーズ最新作。新たな仲間も加わってスケールアップし、本年度の「第49回アニー賞」長編アニメ映画賞にもノミネートされている。


メインビジュアル【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
世界で唯一、全編吹き替え版の制作が許された日本では、前作から引き続き内村光良をはじめ、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、坂本真綾、田中真弓、大地真央がボイスキャストとして出演。
また、ジェシー(SixTONES)、BiSHのアイナ・ジ・エンド、振付師のakaneらが新キャラクターとして声優を務める。

■稲葉浩志がクレイ・キャロウェイ役に!「演じているところは想像つきませんでした」


そしてこの度、日本語吹替版の新キャラクターとして、ライオンのクレイ・キャロウェイ役をアーティストの稲葉浩志が担当することが決定。
稲葉が演じるのは、かつては情熱的でパワフルな歌声が大人気だったロック歌手であり、伝説的ミュージシャンのクレイ・キャロウェイだ。

稲葉は、1988年、B’zでデビューし、ボーカル及び作詞を担当。1997年には、ソロとしての1stアルバム「マグマ」を発表。多彩なサウンドと、よりパーソナルな一面を投影した歌詞、圧倒的かつ繊細なボーカルで、ミュージシャン・稲葉浩志のアイデンティティーを確立している。


稲葉浩志【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
声優初挑戦となる稲葉は「正直なところ演じているところは想像つきませんでしたし、(私が声優を)するとは思っていませんでした」と自身でも驚いている様子。声優を引き受けようと思った決め手について、「『SING/シング』という映画自体の音楽のクオリティが素晴らしく、ストーリーも非常に分かりやすい。私が声優を務めるクレイ・キャロウェイは、かつてはロックスターだったが今は自分の家に引きこもっている、そのシチュエーションが非常に面白く、やってみようという気持ちになりました」と、本作のテーマである”音楽”と“クレイ・キャロウェイ”というキャラクター性に魅力を感じ、声優挑戦を決意した経緯を明かした。

同時に「とにかく何から何まで初めての事で、何から準備していいのか分かりませんでしたが、自分ではない人物像に声を入れるという作業は初めてで凄く新鮮で楽しかったです。(アフレコは)大変でもありましたが、色々ご指導いただきまして、非常に勉強になりました」と初挑戦となるアフレコ作業の苦労も語った。

また、印象に残ったシーンについて触れ、「すべてのキャラクターが挫折から立ち上がるというテーマの元に、“音楽”を通して頑張っていく姿が一貫して描かれていること、さらにアッシュがクレイに再びステージに立ってほしいと説得に行き軒先で歌うシーンは、一人の小さな歌声で誰かを励ましたり、勇気づけたり、また立ち上がるきっかけを与えたり…色々な想いが詰まっている気がして非常に好きなシーンです」。
「葛藤を超えてクレイが15年ぶりにステージに立つクライマックスのシーンは、自分で歌った後その映像を見て感動しました」と最新作の魅力を感じたようだ。


ラストシーンで使用される本作のテーマソングでもあり、U2が書き下ろした2年ぶりの新曲「YOUR SONG SAVED MY LIFE」や、声優としてクレイ役の声優を務めたU2のボノについては、「本作のテーマソングは、すごく美しくて素敵な曲だと思っています。深くて大きくとても広がりのあるボノ(U2)さんの声は、シンガーにとっても憧れの声なので、ボノ(U2)さんの演じる役柄を演じる事ができて光栄です」と、稲葉と同じく本作で声優デビューを飾ったボノ(U2)へのリスペクトもみせた。

■起用理由は“ロックスター”!?


物語の中で最も重要な新キャラクターに抜擢した理由を配給元の東宝東和の担当者は、「クレイが伝説的なロックスターのキャラクターということで、どの世代でも“ロックスター”として思い浮かべるミュージシャンは稲葉さんしかいないと制作スタッフ含め満場一致で第一候補となりました。ただ、アニメの中で歌唱することだけでなく、クレイとしての演技も必要なため、お受けいただける可能性があるのか半信半疑でご依頼しました」。

「そんな中、映画とクレイの役柄に共感していただき、ボノへのリスペクトもあるということでお受けいただけるお返事を頂いた時はスタッフ一同震えました。稲葉さんの想いの詰まった、稲葉さんでなければ表現できない、日本語吹替版でしか体験できない素晴らしいクレイ・キャロウェイになったと思います」。


場面写真【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

■主人公・内村光良も驚きのキャスティング!


稲葉のキャスティング決定について、主人公・バスターの声優を務める内村光良は、「2回か3回聞き直しましたね。『ほんとに?』って(笑)。本当に信じられなかったです。まさか!と思いました。稲葉さんが声優をやるんだという事に正直驚いています。それを受けてくださったというのが…。まだお会いした事がないので、お会いするのを楽しみにしています」。

『SING/シング:ネクストステージ』は、3月18日より全国にて公開。


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります


《MINAMI》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集