石川界人が語る、声優としての幅が広がった「声優と夜あそび」での挑戦。衝撃の“女装回”秘話も【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

石川界人が語る、声優としての幅が広がった「声優と夜あそび」での挑戦。衝撃の“女装回”秘話も【インタビュー】

アニメ!アニメ!では「声優と夜あそび」の4周年記念、そして新シーズン開始企画として各曜日の担当MC声優陣にインタビューを実施。番組と歩んだ道のりや4年目の意気込みを訊いた。

インタビュー
注目記事
石川界人さん
  • 石川界人さん
  • 石川界人さん
  • 石川界人さん
  • 石川界人さん
  • 石川界人さん
  • 『声優と夜あそび 2021』(c)AbemaTV,Inc.
新しい未来のテレビ「ABEMA」(アベマ)のアニメCHで配信中の業界初のオリジナル声優レギュラー番組「声優と夜あそび」が2021年4月2日に4周年を迎えた。

『声優と夜あそび 2021』(c)AbemaTV,Inc.

アニメ!アニメ!では4周年記念、そして新シーズン開始企画として各曜日の担当MC声優陣にインタビューを実施。「声優と夜あそび」と歩んだ道のりや4年目の意気込みを訊いた。

「声優と夜あそび2021」MC連載インタビュー記事
今回は木曜日のMCを担当する石川界人さんにインタビュー。体を張った企画を浪川大輔さんと担当する。「いろいろな服を着させてもらった…」と語る石川さんの木曜日に対しての想いを聞いた。
[取材・文=森 元行 撮影=Fujita Ayumi]

――「声優と夜あそび2021」もMC続投ということで、最初にその話を聞いてどのような印象を持たれましたか?

石川:素直に嬉しいです。逆に、意外だな、とも思ったりしました。浪川さん(浪川大輔さん)は、僕がMCを担当する前は紀章さん(谷山紀章さん)とやられていたり、マンスリーパーソナリティーでいろいろな方とMCをやられていましたが、通年でなおかつ次のシーズンも同じMCという形はなかったので。僕とは別の方が入るのかなと考えたりしましたが、続投ということで嬉しい限りです。

――ペア継続の理由は何だと思いますか?

石川:自分で「面白かったからだと思います」なんて言えないじゃないですか(笑)。分からないです。
でも「声優と夜あそび2020」の木曜日は、とくに多くのゲストに来ていただいた曜日だと思います。いろいろな方をお呼びできる曜日。僕自身、浪川さんのゲストへの質問の仕方や会話の進め方を凄く勉強させてもらいました。
浪川さんがいらっしゃることが木曜日の大きな力ですし、僕自身浪川さんに「ポジティブ石川」という新しいキャラクターを見つけてもらったりしました。

また「声優と夜あそび2020」で全てを出し尽くす、という気概で番組に挑んでいました。「声優と夜あそび」に限らず、どんなお仕事でも次があるかはわからないので、その時その時に出せるものを全力で出しています。
これまで映像番組でレギュラーをやることはなかったので、そういう意味でも勝手が分からないからこそ「とにかく全力で食らいついてやるぞ!」と考えていたのかもしれないです。

――2020年、印象に残っている回はありますか?

石川:いろいろありすぎて全部が印象的です……。自分の誕生日会や、鼻笛を習得した回、それから神谷(浩史)さんの登場の仕方が定例化してしまったことも、申し訳ないという印象の残り方をしてしまっているし……全部が大事な思い出です。
でもやっぱり女装回はとくに印象的かもしれないです。僕の事務所(プロ・フィット)は、服装が厳しかった時期もあったんです。
でも「声優と夜あそび」ではいろいろな服を着させてもらって、その中でも女装はものすごく驚きました。「AD-LIVE」という舞台に出た時にセーラー服姿で女装して出演したことがあるのですが(笑)、それ以来初めての女装になります。
今回、いままでの事務所の固定概念を崩すようなことをさせてもらえたという意味でも凄く印象に残っています。僕自身の仕事の幅も広がりました。

――「いろいろな服を着させてもらった」というのはパワーワードですね(笑)。「声優と夜あそび2021」の木曜日はどういう曜日にしたいですか?

石川:テーマに関しては、いままでもあまり意見を言っていません。スタッフさんがみんな面白い方ですし信頼しているので、彼らが提案してくれたものに全力で乗っかるというのが僕のスタンスです。自分から「こうしたい」「ああしたい」というのは、今のところないかもしれないです。



――とはいえ、周りのスタッフさんが石川さんの要望を聞きたそうな顔をしています。

石川:そうですね……。引き続き、体を張りたいし、深夜にも関わらず浪川さんと2人で無茶を楽しくやっていきたいです。やっている途中は必死だし、言われた瞬間は嫌だなって思うことももちろんあるのですが、振り返ってみれば「楽しかったな」と思えることが多かったので、ずっと続けたいなって思います。

あと、外に出て、ロケをやってみたいです。例えば、浪川さんと2人で跳び箱をするとか、ハンドボール経験者のシュートを僕が止められるのか、とか。浪川さんも僕も、体を動かせる方だと思いますので。

――今後、呼んでみたいゲストは?

石川:「声優と夜あそび」と冠してはいるのですが、業界外の方を呼んでみたいです。声優と夜あそびをしてくれる他業種の方。
2020年はプロ鼻笛の演奏者の方やホストの方、実演販売の方などいろいろな業種の方に来てもらったりしました。中でもVTuberの方は呼んでみたいです。僕らは実写ですが、VTuberの方は二次元の世界に生きているわけで、会話が成り立つのだろうかと気になります。単純に僕がVTuberが大好きという話でもあるのですが(笑)。
あと、テレビのコンテンツを作っている方たちに出てもらうのも面白そうなので、この「声優と夜あそび」のプロデューサーにも出てもらいたいです。



――遊びに行きたい曜日はありますか?

石川:新しくはじまる「ウィーケンッ!」(WEEKEND)です。「ウィーケンッ!」(WEEKEND)と言いながら、いい感じの音楽が流れてるところを聞いていたいです。

――「夜あそび」がモチーフの番組ですが、逆に、朝のルーティーンはありますか?

石川:モーニングルーティーンの動画を撮ろうとしたことがあったのですが、生活が不規則すぎて……。朝に寝ることもありますし、早朝に起きることもあるので、あまりルーティーンは無かったりします。というか、全く無いです。出かける準備をするくらいですが、でもそれはルーティーンではないです(笑)。

――番組が始まる前に、浪川さんに伝えておきたいことは?

石川:本当に心から尊敬しています、ということです。あまり多くを語りすぎず、これだけにしておきます(笑)。



――新シーズンを迎えるにあたって、2021年に新たにチャレンジしたいことはありますか?

石川:2020年は県外移動や都外移動を控えるということで、外にあまり出られなかったので、行ったことの無い旅館を渡り歩いてみたいという気持ちはあります。もちろん、情勢を見ながらですが。

――最後に、ファンの皆さまへメッセージをお願いします。

石川:「声優と夜あそび2021」の木曜日担当MCとして続投させて頂くことになりました。ここまで読んで頂いてありがとうございます。インタビューでは真面目な回答をしていて、番組とは違うニュアンスの私になったかと思います。
2021年も元気に、明るく、楽しく、そして浪川さんへのリスペクトを忘れずに頑張って参りますので、ぜひともご覧頂ければと思います。もし番組に出たいという方、ぜひABEMAさんにご連絡頂ければ、木曜日が大手を振ってお迎えしますので、ぜひお問い合わせください。よろしくお願いします。



「声優と夜あそび2021」MC連載インタビュー記事
【サイン入りステッカープレゼント】
今回、インタビューさせていただいた、石川界人さんのサイン入りステッカーを抽選で2名様にプレゼント。ご希望の方は、以下、要項をご確認のうえ、ご応募ください。
■締切2021年4月30日(金)23時59分
■応募方法
(1)
・アニメ!アニメ!のTwitterアカウント(@AnimeAnime_jp)&「声優と夜あそび」のTwitterアカウントをフォロー(@yoasobi_ABEMA)
・下記、アニメ!アニメ!のTwitter投稿をリツイート

(2)下記応募先に必要情報をご記入のうえメールください。
応募先:present@animeanime.jp
必要事項:件名に“「声優と夜あそび」★石川界人★プレゼント”、本文にメールアドレス、お名前、電話番号、ご住所(郵便番号必須)、Twitterアカウント(記載例 @AnimeAnime_jp)
〆切:2021年4月30日(金)23時59分
備考:
当選は発送をもってかえさせていただきます。
本プレゼント賞品をインターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
■個人情報について
・「住所」「メールアドレス」「電話番号」「お名前」を回答頂きますが、プレゼントの発送の為であり、それ以外の目的では利用いたしません。
・弊社の個人情報保護についての考え方を記載した個人情報保護についてをお読みください。http://www.iid.co.jp/company/pp.html
・個人情報の預託は予定されておりません。
・個人情報の第三者への提供はありません。
・ご招待のご案内発送後、個人情報は破棄します。
上記内容を承諾し、弊社の「個人情報保護方針」に同意いただいた場合のみ応募してください。
《森元行》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集