木村良平、東山奈央、森田成一ら語る“ネトフリアニメ”新作の見どころ&制作秘話は?【AJ2019】 | アニメ!アニメ!

木村良平、東山奈央、森田成一ら語る“ネトフリアニメ”新作の見どころ&制作秘話は?【AJ2019】

3月23日、イベント「NETFLIXアニメフェス スペシャルステージ ~ハシャげ、世界!~」が「AnimeJapan 2019」のCOBALT BLUEステージにて行われた。『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌アーティスト・高橋洋子が生歌を披露し、6(ROCK)周年を掲げるAJを熱く盛り上げた。

イベント・レポート
3月23日、イベント「NETFLIXアニメフェス スペシャルステージ ~ハシャげ、世界!~」が「AnimeJapan 2019」のCOBALT BLUEステージにて行われた。『ULTRAMAN』早田進次郎/ULTRAMAN役の木村良平、『7SEEDS』岩清水ナツ役の東山奈央、青田嵐役の福山潤、『聖闘士星矢 Knights of the Zodiac』ペガサス星矢役の森田成一、城戸沙織役の折笠富美子が登壇。さらに『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌アーティスト・高橋洋子がライブを披露し、6(ROCK)周年を掲げるAJを熱く盛り上げた。

イベントは『新世紀エヴァンゲリオン』が、6月21日に全世界で独占配信されるという告知PVからスタート。
ステージには高橋洋子が登壇し、20年以上愛され続けているOPテーマ「残酷な天使のテーゼ」を熱唱。さらに『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の主題歌「魂のルフラン」も歌い上げる。
曲を終えた高橋は「世界にこの作品が届くことを、私も心から祈っています」とメッセージを告げ、客席から大きな拍手と歓声が飛び交った。

続けてNETFLIXの新作アニメでメインキャストを演じる5人が登壇。『ULTRAMAN』について木村は、特撮ドラマ『ウルトラマン』を題材にしており、重厚なストーリーが魅力だと語る。本作のULTRAMANはモーションアクターが演じた3DCGであるがゆえに、アフレコではアクターの芝居を活かしながら、自分の芝居も乗せることが難しかったと振り返った。
『7SEEDS』は16年間に渡って連載されたサバイバルSFマンガが原作。東山は「35巻を3日間ぐらいで読破しました」と原作にハマってしまったとコメント。過酷なストーリーゆえにアフレコ現場でも「絶望と戦っている感じがします」と打ち明けつつも、「これを演じきれなかったら、何のために声優になったんだろう」と思うぐらい深い役柄だと伝えた。

『聖闘士星矢 Knights of the Zodiac』では森田が着用している赤いTシャツの秘密を告白。実は第1作で星矢を演じた古谷徹がアフレコのときに赤いTシャツ姿で臨んでいたことから、それを引き継いでいることを明かした。

また『聖闘士星矢』シリーズは海外人気が高いため、制作は英語が基本となっているそうだ。そのためアフレコは英語版を吹き替えるようになっており、英語の言語を聞きながら声を当てたそうだ。
そのため初代星矢である古谷徹、英語版のキャスト、そして森田成一自身が一体になったような心境であり、「合作しているような感じですね」と笑顔を見せた。

『ULTRAMAN』は19年4月1日、『7SEEDS』は19年6月、『聖闘士星矢 Knights of the Zodiac』は19年夏、配信開始。

「AnimeJapan 2019」
パブリックデイ:2019年3月23日・24日
ビジネスデイ:2019年3月25日・26日
会場:東京ビッグサイト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

特集