悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】

12月14日に公開となる映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。『ドラゴンボール』シリーズの劇場版として20作目を飾る記念碑的作品だが、その主人公である孫悟空を、TVシリーズから一貫して演じ続けている声優・野沢雅子さんにインタビューの機会を得た。

インタビュー
悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
  • 悟空&ラスカル&ギルモン…野沢雅子、演じたキャラへの愛と秘話明かす【インタビュー】
12月14日に公開となる映画『ドラゴンボール超 ブロリー』。『ドラゴンボール』シリーズの劇場版として20作目を飾る記念碑的作品だが、その主人公である孫悟空を、TVシリーズから一貫して演じ続けている声優・野沢雅子さんにインタビューの機会を得た。

時には役になりきって、時には立ち上がってポーズを取りながらインタビューに応えるその様子は、パワフルかつエネルギッシュで、まさに孫悟空を地で行く元気ぶり。そんな野沢さんが語る悟空像を、ぜひご一読いただきたい。

また、先日アニメ!アニメ!で行ったアンケート「野沢雅子さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」についての感想も聞かせていただいた。意外なキャラクターへの思い入れも……?
[取材・構成=馬波レイ]

『ドラゴンボール超 ブロリー』



2018年12月14日全国ロードショー

■執念で耳にしたアライグマの鳴き声



――読者アンケートの結果では、やはり孫悟空が1位。続いて孫悟飯が5位、ゴクウブラックが9位と、『ドラゴンボール』シリーズのキャラクターが多数ランクインしました。


[野沢雅子さんが演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?]
1位 孫悟空 『ドラゴンボール』
2位 ラスカル 『あらいぐまラスカル』
3位 星野鉄郎 『銀河鉄道999』
4位 鬼太郎 『ゲゲゲの鬼太郎』『墓場鬼太郎』
5位 ギルモン 『デジモンテイマーズ』
5位 孫悟飯 『ドラゴンボール』
7位 ガンバ 『ガンバの冒険』
7位 ドラえもん 『ドラえもん』
9位 えん魔くん 『ドロロンえん魔くん』
9位 怪物太郎 『怪物くん』
9位 ゴクウブラック 『ドラゴンボール超』
9位 パレー・ハリントン 『愛少女ポリアンナ物語』
9位 目玉おやじ 『ゲゲゲの鬼太郎』
14位 風大左衛門 『いなかっぺ大将』
14位 三平 『風のように』
14位 Dr.くれは 『ワンピース』
14位 バーダック 『ドラゴンボールZ』ほか
14位 ブルブルくん 「わかさ生活」(CMアニメ)


記事はこちら>【野沢雅子さんお誕生日記念!一番好きなキャラは?「銀河鉄道999」鉄郎やラスカルを抑えたトップは…】


野沢雅子(以下、野沢)
なるほど、やっぱり1位は悟空なんですね。意外だったのは5位のギルモン。大好きなキャラクターなんですけど、まさかこんな上位にくるなんて!

――子ども時代に『デジモンテイマーズ』を見ていた世代の読者からの熱い声が多かった印象です。

野沢
これは最高に嬉しいですね! 収録している当時は、原作が携帯ゲームということで、見るのがマニア層な気がしていたんです。
デジモンたちは言葉をしゃべるけど、ちょっと着ぐるみみたいだし(笑)。でも、いざ演じてみたら無邪気なギルモンがすごくかわいくて好きになったの。

――人外キャラクターつながりでいうとラスカルが2位です。

野沢
これも意外ですよね、なにしろセリフが鳴き声だけですから。
当時役者仲間から「マコさん、このあいだ番組を見ましたけど、なんの役なんですか?」と聞かれて「ラスカルよ」って答えても、それが番組名だと勘違いされて、わかってもらえないんですよ(笑)。


――猫や犬ならまだしも、役柄はアライグマ、しかもセリフがないのでは演じるのが大変だったのでは。

野沢
ラスカル役はオーディションだったんですよ。主人公を演じた『ピコリーノの冒険』の収録後に役者やスタッフが集まっての反省会があったんですけど、制作会社の方から「次はこれをやるんです」と見せられたのがラスカルで。
しゃべらないで鳴き声だけの役だって説明されたことで、逆に「おもしろそう!」と思って、その場で頼み込んでオーディションに参加させてもらったんです。

――すごい好奇心ですね。役が決まってからは?

野沢
まず、アライグマの鳴き方がわからない。動物園に10日間くらい通ったんですけど、ちっとも鳴かないんです。
そんな折にテレビで『野生の王国』という動物ドキュメンタリー番組を見ていたら、偶然アライグマが姿を見せて、一瞬だけ「アッ」と鳴いたんです。その1回きりを必死に頭にインプットしましたよ。

――となると、収録も大変だったのでは。

野沢
台本のラスカルの箇所には「ミー」としか書いてないんですけど、例えばスターリングが「ねえラスカル、いまなにか食べたい?」とあったら、「ミー」の横に「僕、氷砂糖が食べたいな」と書き加えるんです。
通り一遍に「ミー」と鳴いてただけでは、選んでくれた方に申し訳ないし、私が演じている意味はない。ですから、その気持ちで鳴き声を出していたんです。

→次のページ:演じる役柄を「ヒーロー」と思ったことはない
《馬波レイ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集