内田真礼×日笠陽子、あのシーンのアフレコ秘話を明かす「ドメスティックな彼女」【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

内田真礼×日笠陽子、あのシーンのアフレコ秘話を明かす「ドメスティックな彼女」【インタビュー】

ひとつ屋根の下で暮らすことになった男女の複雑な関係を描く、流石景のマンガ『ドメスティックな彼女』がTVアニメ化。2019年冬アニメとして1月11日より放送スタートする。そこで、アニメ!アニメ!では、橘瑠衣役・内田真礼さんと橘陽菜役・日笠陽子さんにインタビュー。

インタビュー
内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 内田真礼「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
  • 『ドメスティックな彼女』キービジュアル(C)流石景・講談社/ドメカノ製作委員会
  • 『ドメスティックな彼女』(C)流石景・講談社/ドメカノ製作委員会
高校デビューを果たした男子高校生・藤井夏生。彼は学校の先生である橘陽菜に好意を寄せていたが、合コンで同学年の女子高生・橘瑠衣と流されるまま初体験をしてしまった。
そんなある日、父が再婚。藤井家に新しい母とともに現れたのは、なんと陽菜・瑠衣姉妹で――。

ひとつ屋根の下で暮らすことになった男女の複雑な関係を描く、流石景のマンガ『ドメスティックな彼女』がTVアニメ化。2019年冬アニメとして1月11日より放送がスタートした。

そこで、アニメ!アニメ!では、橘瑠衣役・内田真礼さんと橘陽菜役・日笠陽子さんにインタビュー。作品やキャラクターの印象から、TVアニメ“袋とじver.”本編映像付き特装版コミックスに収録されるという“もっと過激なシーン”の収録についても聞いてみた。
[取材・構成=松本まゆげ/撮影=YOU ISHII]

『ドメスティックな彼女』キービジュアル(C)流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

■「結構やる気だな……」あの過激シーンも映像化


――おふたりがこの作品を知ったのはいつですか?

内田
前にボイスドラマをやっていて。私たち、そのときから演じていたんです。なので、私はそのタイミングで読みました。

日笠
確か、4年くらい前だよね?

内田
収録したのは、コミックスが出てない頃だったんですよ。誌面に載ったものをコピーしてくださったので。

――そこで触れてみて、どんな印象を持ちましたか?

内田
この作品って、キャラクターたちが会話することで物語が進んでいって、成長していくんです。1年ごとの経過があるので学年が上がったりして、変わっていく様子がすごくリアル。
だからこそ悩みも生まれると感じて、とても共感しました。
「いなくなっちゃうかも」という予感があって、そのタイミングでまた恋愛が動いていたりして。読んでいるとわーっ!となりますね(笑)。

日笠
私も、心の機微や感情によってストーリーが進んでいくように感じました。限られた世界で繰り広げられる昼ドラみたいなドロドロはもちろん、流石景先生ご本人の明るさが出ているのかギャグシーンも散りばめられていて。
サブキャラクターと呼ばれる人たちにはすごく明るい人が多いので、そこで救われています。闇に持っていかれ過ぎず、うまくバランスを取っている作品だなと思いますね。

内田真礼×日笠陽子「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII

――そうしてボイスドラマから関わってきた作品が、ついにTVアニメになりました。

日笠
2017年の秋くらいに教えてもらいました。「(アニメの収録がはじまる)来年はよろしくお願いします」って言っていただいたのと、「過激なシーンもありますけど、どうしますか?」みたいな確認はありました。
本作に限らず、セクシャルな作品にはよくあることなんですけどね。

そうして、「では、アニメで描くMAXのシーンを送りますね」って言われて観てみたらそれがもう、す、すごいシーンで(笑)! あ、結構やる気だなってなりましたね。
本当に、これ以上のシーンないよ!っていうくらいだったので。

内田
本当にそうでしたね(笑)。私も過激なシーンどうするんだろう?って気になっていました。
前に演じたことのあるキャラクターとはいえ久しぶりだったので、演技という意味でも不安もありましたね。

でも、瑠衣って私にとって挑戦的なキャラクターでもあるんですよ。
なので、ドキドキしながらもわりと前向きというか、やるぞ!という気持ちに溢れていたと思います。

内田真礼「ドメスティックな彼女」【インタビュー】撮影=YOU ISHII
――過激なシーンは、原作ファンも気になっているところだと思います。

日笠
でも原作を読ませていただくと、そこに特化しているわけじゃないということがわかるんですよ。基本的には少年少女の心の機微や人間ドラマがメインだったりするので。過激とはいうけど、さほど大きな問題ではないなとは思いましたね。

――それに、ボイスドラマの役を引き継げるというのも、「やってみよう」と背中を押しますよね。

日笠
そうなんですよね。ボイスドラマって、アニメになるタイミングでガラッと変わることが多いですけど、聴いてくださる方含め「そのままのキャストで」と思ってくださっていたのがすごく嬉しくてありがたかったですね。なので二つ返事でした。

《取材・構成=松本まゆげ/撮影=YOU ISHII》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集