年間500冊読む"マンガ好き声優"増田俊樹がガチで予想!「電子コミック大賞2019!」受賞作品はどれだ!? 2ページ目 | アニメ!アニメ!

年間500冊読む"マンガ好き声優"増田俊樹がガチで予想!「電子コミック大賞2019!」受賞作品はどれだ!?

日本最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」が主催する「みんなが選ぶ!電子コミック大賞2019!」。36の出版社が推薦した、2019年に電子でヒットしそうなマンガの中から、ユーザー投票によって大賞を選ぶマンガ賞だ。

インタビュー
増田俊樹さん
  • 増田俊樹さん
  • 増田俊樹さん
  • 増田俊樹さん
  • 増田俊樹さん
  • 増田俊樹さん
  • 「みんなが選ぶ!電子コミック大賞2019!」
  • 「みんなが選ぶ!電子コミック大賞2019!」男性部門ノミネート作品
  • 「みんなが選ぶ!電子コミック大賞2019!」女性部門ノミネート作品

■ノミネートされた作品を読んだ、増田さんの所感は?



――ここからは増田さんに「みんなが選ぶ!電子コミック大賞2019!」の「男性部門」と「女性部門」でどの作品が大賞に選ばれるのか、予想していただきます。まずノミネートされた作品を読んでみて、いかがでしたか?

【男性部門 全12作品】

【女性部門 全14作品】

増田
男性部門は、「グルメもの」と「異世界転生もの」が印象的でした。グルメはやっぱり人間には欠かせないものだし、身近な存在なので共感を集めやすいんだと思います。「異世界転生もの」はもう完全に今の流行ですよね。

女性部門を読んでいて思ったのは、「オラオラ系」や「王子様キャラ」が多かったなと。それはやっぱり、女性の“夢の中の憧れ”なんだろうなと感じました。

増田俊樹さん
――増田さんは声優としてキャラクターを演じるとき、「女性が憧れるような男を演じよう」といった意識はありますか?

増田
それはないですね。何が良いと感じるかは人それぞれなので、僕は表現者として、出来れば全ての人に向けて演じたい。だから「これがいいんだろう?」と決めつけて演じることはありません。

たとえば、普段はニヒルで冷たい男性キャラクターがいて、でも実はおっちょこちょいという一面があったとします。そのおっちょこちょいのところだけを切り取って可愛く演じたら、あざとくなる。作品全体で見たときに、そのキャラクターの行動が不自然に見えるようなお芝居はしないようにしています。

■増田さんが選ぶ、男性部門の大賞候補はどれだ!?



――男性部門で有力候補をまず挙げるならどれでしょう?

増田
まずは『空挺ドラゴンズ』です。表紙からグッとハートを掴まれましたね。

出版社推薦コメント:舞台は、龍を獲ることを生業とする「捕龍船」。ハードな世界ですが、そこで生きるキャラクター達は皆チャーミングで、一所懸命で、一緒に旅をしたくなる。なんだか疲れた…なんて夜に是非、読んでいただきたいです!

増田
実際に読んでみると、ファンタジーな世界観が素晴らしくジブリ作品が好きなアラサー・アラフォー世代はすごく好きなんじゃないかなぁと感じました。

表紙の絵柄的に「ファンタジーアクションなのかな?」と思ったらまさかの「食べる系」で驚きました。
龍を食べて「美味しい」と言われても味の想像はつかないんですけど、食べる描写で見せるわけではなく、龍を狩る人々の生き様がすごく丁寧に描かれていて、そこが面白かったですね。

――続いて、2作品目は?

増田
『迷宮ブラックカンパニー』です。もともと新刊発売のときから気になっていたタイトルではありました。

出版社推薦コメント:異世界転移した先は、ダンジョンが職場のブラック企業!?ニノミヤ青年を襲うのは血も涙も無い理不尽な展開。だが彼は折れない!驚異のメンタルと悪知恵で成り上がります。今までと違う新しい主人公像、お薦めです!

増田
最近流行りの「異世界転生もの」だなと思って読んでみたら、ほかの作品と違ったテイストで意外性がありました。

『迷宮ブラックカンパニー』は、主人公がぶち当たった壁をふとした発見やひらめきで乗り越えていくんですけど、それでもすんなりと上手くいかない。
先の展開がある程度予想つくと思ったら、「え?そうきたの?」という驚きがあります。想像していたのとは違う展開になるので、「次はどう驚かせてくれるのか?」と毎回楽しみなんです。

増田俊樹さん
――では、3つ目の作品は?

増田
オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で知り合いルームシェアをしている男女2人を描いた『ゆうべはお楽しみでしたね』です。

出版社推薦コメント:オンラインゲーム「『ドラゴンクエストX』で仲良くなった人と楽しいシェアハウス…のはずが、現実世界で初めて会った同居人はギャル系女子!? 正反対の二人が共通の趣味を通して、互いに惹かれていく様子はニヤニヤ必至! 突飛な出会いからの胸キュンをたっぷり楽しめる本作、TVドラマ放送前に是非お試しください!!

増田
僕もオンラインゲームが好きだし、ひとつ屋根の下で男女が同じ趣味のゲームで遊ぶというシチュエーションがシンプルに羨ましいなと思いました(笑)。
あとゲームそのものの面白さを描くというよりは、人間ドラマが深く描かれている点も良かったですね。

→次のページ:増田さんが選ぶ、女性部門の大賞候補は?
《乃木章》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集