次にくるマンガ大賞2018、1位は「来世は他人がいい」&「先輩がうざい後輩の話」 | アニメ!アニメ!

次にくるマンガ大賞2018、1位は「来世は他人がいい」&「先輩がうざい後輩の話」

8月23日、“ユーザー参加型”マンガ賞「次にくるマンガ大賞2018」より、コミックス部門とWebマンガ部門のTOP10作品が発表された。コミックス部門では『来世は他人がいい』、Webマンガ部門では『先輩がうざい後輩の話』が第1位に輝いている。

ニュース
『来世は他人がいい』(c)小西明日翔/講談社
  • 『来世は他人がいい』(c)小西明日翔/講談社
  • 『先輩がうざい後輩の話』(c)しろまんた/一迅社
  • 「次にくるマンガ大賞2018」
8月23日、「niconico」と総合文芸誌「ダ・ヴィンチ」による“ユーザー参加型”マンガ賞「次にくるマンガ大賞2018」の受賞作発表会が開催され、コミックス部門とWebマンガ部門のTOP10作品が発表された。コミックス部門では『来世は他人がいい』、Webマンガ部門では『先輩がうざい後輩の話』が第1位に輝いている。

コミックス部門第1位の『来世は他人がいい』は、2017年8月より「月刊アフタヌーン」に連載中の極道エンタメ。極道の家で生まれ育った女子高生・染井吉乃が婚約者・深山霧島と出会うところからはじまる、はみ出し者たちのスリルと笑いが融合した作品だ。

Webマンガ部門第1位の『先輩がうざい後輩の話』は、Twitterで話題を呼んだのちpixivコミック「comic POOL」にて連載を開始したマンガ。ちょっぴりガサツだけど面倒見のいい先輩・武田と素直になれない(?)後輩・五十嵐が、付かず離れずの微妙な距離感で悶えさせてくれる。

「次にくるマンガ大賞」は、すべてのマンガファンによる推薦と投票を通して“次にブレイクしそうなマンガ”を発掘し紹介することを目的に、「niconico」と「ダ・ヴィンチ」が2014年に創設した。一般ユーザーからエントリーされた作品から、“次にくるマンガ大賞運営委員”がコミックス部門50作品とWebマンガ部門50作品をノミネートし、それらを対象に改めてユーザー投票を実施。「元祖ユーザー参加型」で、両部門の大賞作品やランキングを決定している。
参加者は年々増加しており、今回ユーザーからエントリーされた作品総数は両部門合計で 3,711作品となった。

「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門TOP10
順位      作品名           著者
1    来世は他人がいい        小西明日翔
2    Dr.STONE           稲垣理一郎、Boichi
3    錦田警部はどろぼうがお好き   かんばまゆこ
4    Artiste             さもえど太郎
5    アクタージュ act-age      宇佐崎しろ(著)、マツキタツヤ(原著)
6    呪術廻戦            芥見下々
7    ここは今から倫理です。     雨瀬シオリ
8    五等分の花嫁          春場ねぎ
9    シネマこんぷれっくす!     ビリー
10    熱帯魚は雪に焦がれる      萩埜 まこと

「次にくるマンガ大賞2018」Webマンガ部門TOP10
順位      作品名         著者
1    先輩がうざい後輩の話    しろまんた
2    おじさまと猫        桜井海
3    極主夫道          おおのこうすけ
4    ぶっカフェ!        小林ロク
5    お兄ちゃんはおしまい!   久世岳
6    トリマニア         ねことうふ
7    血と灰の女王        バコハジメ
8    翼くんはあかぬけたいのに  小花オト
9    ふしぎねこのきゅーちゃん  にとりささみ
10    宇崎ちゃんは遊びたい!   丈


『来世は他人がいい』(c)小西明日翔/講談社
『先輩がうざい後輩の話』(c)しろまんた/一迅社

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集