「シティーハンター」冴羽リョウの魅力とは? バブリーアイドル"ベッド・イン"が官能的に愛を語る | アニメ!アニメ!

「シティーハンター」冴羽リョウの魅力とは? バブリーアイドル"ベッド・イン"が官能的に愛を語る

『シティーハンター』の劇場アニメ化を記念して、“バブル期”をリスペクトする地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」が主人公・冴羽リョウの魅力を語った。

ニュース
地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」 左:中尊寺まい/右:益子寺かおり
  • 地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」 左:中尊寺まい/右:益子寺かおり
  • 『シティーハンター』(12巻 第118話)(c)北条司/NSP 1985
  • 『劇場版シティーハンター(仮題)』(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
『シティーハンター』の劇場アニメ化を記念して、KDDIの電子書籍サービス「ブックパス」にて「ベッド・インが語る“冴羽リョウ”の魅力」と題したインタビュー公開。“バブル期”をリスペクトする地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」の中尊寺まいと益子寺かおりが、主人公・冴羽リョウの魅力を通して作中のおすすめシーンを紹介している。

「週刊少年ジャンプ」で1985年~1991年に連載された『シティーハンター』は、裏社会No.1の始末屋である冴羽リョウとその相棒の槇村香が、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」として活躍する作品だ。
今回のインタビューでは、同作の舞台であるバブル期をリスペクトする「ベッド・イン」のふたりが、“女性へのアフターサービスは万全”な冴羽リョウへの愛を語った。

『シティーハンター』(12巻 第118話)(c)北条司/NSP 1985
幼少期にTVアニメ『シティーハンター』に出会い冴羽リョウに恋してしまったという益子寺、そして学生時代に全巻制覇したという中尊寺。付箋だらけの単行本を手元に繰り広げられた、ワイルドでキュンとする冴羽リョウトークは、「ブックパス」だけの官能的な内容となっている。

バブルが懐かしい『シティーハンター』世代はもちろん、冴羽リョウの男子力を分析したい男性やちょっぴりエッチな話が気になる女性も楽しめる「ベッド・インが語る“冴羽リョウ”の魅力」は、8月21日より特設ページにて公開中。

「ブックパス」では『劇場版シティーハンター(仮題)』(2019年2月8日ロードショー)を記念した完全版コミックス全32巻の読み放題キャンペーンも開催中なので、ファンはあわせて楽しんでほしい。

ブックパス『シティーハンター』読み放題キャンペーン
期間:~2018年8月31日(金)23時59分
内容:『シティーハンター』1~32巻(全巻)読み放題
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集