「神風怪盗ジャンヌ」種村有菜&「BLUE GIANT」石塚真一が“1枚のレシート”からマンガ制作! | アニメ!アニメ!

「神風怪盗ジャンヌ」種村有菜&「BLUE GIANT」石塚真一が“1枚のレシート”からマンガ制作!

『BLUE GIANT』の石塚真一、『神風怪盗ジャンヌ』の種村有菜が、それぞれ1枚のレシートをもとに描き下ろしマンガを制作。「レシート漫画」特設サイトにて公開された。

ニュース
「レシート漫画」(C)石塚真一(C)種村有菜
  • 「レシート漫画」(C)石塚真一(C)種村有菜
  • 「レシート漫画」
  • 『Each day is Valentine's day』(C)石塚真一
  • 『Each day is Valentine's day』(C)石塚真一
  • 石塚真一
  • 『恋と魔法とチョコの味』(C)種村有菜
  • 『恋と魔法とチョコの味』(C)種村有菜
  • 種村有菜
『BLUE GIANT』の石塚真一、『神風怪盗ジャンヌ』の種村有菜が、同じ1枚のレシートをもとにそれぞれ描き下ろした「レシート漫画」が特設サイトにて公開された。
石塚は、夢と向き合う青年の上京と別れの物語『Each day is Valentine's day』、種村は、恋する相手・飛鳥に対して、どうしても素直になれない仁佳の物語『恋と魔法とチョコの味』を手掛けた。

今回の企画「レシート漫画」は、「明治 ザ・チョコレート」と、石塚、種村によるコラボで実現。
「明治 ザ・チョコレート」の種類だけが異なる1枚のレシートをもとに、石塚と種村がオリジナル作品を描き下ろし。「明治 ザ・チョコレート」の味と、それぞれの漫画家の持つ世界観が掛け合わさり、全く異なる物語が生み出された。

石塚は「明治 ザ・チョコレート ベルベットミルク」をテーマにした『Each day is Valentine's day』を制作。
トランペット奏者として「本物」を目指しながらも自分には才能がないと諦め、上京して新たな夢を探す決心をするリョウト。そして東京へ向かう日、リョウトのもとに現れたアキが手にしていたものは……。

『Each day is Valentine's day』(C)石塚真一
『Each day is Valentine's day』
種村は「明治 ザ・チョコレート サニーミルク」をテーマにした『恋と魔法とチョコの味』を制作した。
恋する相手・飛鳥に対して、どうしても素直になれない仁佳。バレンタインに自分の気持ちを伝えるため、手紙とチョコレートを用意するが……。

『恋と魔法とチョコの味』(C)種村有菜
『恋と魔法とチョコの味』
今回の作品のテーマとなったのは、たった4品が記載されたレシート1枚だが、日付や時間といった細かいポイントも本編と関係が。同じレシートが創り出した2つの作品を、特設サイトにてぜひ味わってみてはいかがだろうか。

なお、抽選で「石塚真一/種村有菜 レシート漫画 オリジナルキャンバスプリント&ザ・チョコレートセット」が当たる企画も実施。詳細は特設サイトを確認してほしい。

<以下、コメント全文掲載>


【石塚真一 特別コメント】


石塚真一
――作品に込めた思いについて
希望と切なさの春、チョコレートの味がそれを優しく祝福するというイメージで描きました。

【種村有菜 特別コメント】


種村有菜
――作品に込めた思いについて
最初はアンハッピーENDも考えたのですが、チョコレートの甘さゆえ幸せが生まれてしまいました。

2人の名前はザ・チョコレート サニーミルクのカカオ産地であるブラジルトメアスー産&ドミニカ共和国産を中心に使用していることにちなんで飛鳥(あすか)と仁佳(にか)となってます。

(C)石塚真一
(C)種村有菜
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集