映画「パワーレンジャー」坂本浩一監督インタビュー 「日本の特撮との違いを楽しんでほしい」 | アニメ!アニメ!

映画「パワーレンジャー」坂本浩一監督インタビュー 「日本の特撮との違いを楽しんでほしい」

インタビュー

映画「パワーレンジャー」坂本浩一監督インタビュー 「日本の特撮との違いを楽しんでほしい」
  • 映画「パワーレンジャー」坂本浩一監督インタビュー 「日本の特撮との違いを楽しんでほしい」
  • 映画「パワーレンジャー」坂本浩一監督インタビュー 「日本の特撮との違いを楽しんでほしい」
アメリカのスーパーヒーロー映画『パワーレンジャー』が、満を持して日本に上陸。7月15日より全国ロードショーを開始する。
『パワーレンジャー』とは、日本の「スーパー戦隊シリーズ」をアメリカでローカライズして制作されたTVドラマシリーズ。1993年に第1作『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』が放送され、以降日本の「スーパー戦隊シリーズ」に準拠して現在に至るまでシリーズを継続している。今回の映画は第1作のストーリーをベースに構成。3DCGを駆使した画面作りで、大人も楽しめる一作となっている。

アメリカ現地で『パワーレンジャー』シリーズに初期から携わり、近年は日本でも多方面に活躍しているのが坂本浩一監督だ。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年)で日本の監督デビューを果たし、以後は『仮面ライダーフォーゼ』(2011年)、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年)など、数多くの作品を手がける。『パワーレンジャー』シリーズの監督経験も豊富な坂本氏の眼には、今回の映画がどのように映ったのだろうか。映画の楽しみ方はもちろんのこと、坂本監督の作品作りに対する思いや展望について、お話を伺った。
[取材・構成=奥村ひとみ]


映画『パワーレンジャー』
2017年7月15日(土)全国ロードショー
http://www.power-rangers.jp

■オリジナル要素の取捨選択

――最初に『パワーレンジャー』が劇場版としてリブートされると聞いた時、率直にどう思われましたか?

坂本浩一監督(以下、坂本)
「とうとうこの日がきたか!」と思いましたね。『パワーレンジャー』は、1993年にアメリカで放送を開始してから早い段階で2度ほど、映画版が制作されました。その後も映画を作る話は上がっていましたが、次のタイミングは『パワーレンジャー』が親子二世代で楽しめるキャラクターになる頃がいいんじゃないかと言われていて。僕がアメリカで作品に関わっていた頃からその話はあったので、『パワーレンジャー』が二世代キャラになるまで続けられたらいいねというのは目標のひとつでした。

――たしかに最初のシリーズを楽しんでいた子どもたちが、ちょうど親世代になっている折ですね。

坂本
思い返すと僕らが『パワーレンジャー』を始めた頃は制作費がものすごく少なかったですし、「一体誰が見るんだ?」と言われていました。それがフタを開けてみると社会的現象になるくらいの大ヒットになり、時を経て大規模な映画が作れるメジャーブランドになったと思うと感慨深いです。その分、僕も年を取ったなぁと思いますが(笑)。

――映画をご覧になっていかがでしたか?

坂本
いい意味でアメリカナイズされていると思いました。基本的な流れは、チームワークで悪と戦うという日本のスーパー戦隊の定番を受け継いでいるのですが、本作はチームになるまでの過程に重きを置いています。葛藤しながらも周りと協和を取り、自覚を持ってヒーローになっていくというジュブナイルなドラマが深く描かれているのは、ヒーロー作品としては斬新な切り口です。アメリカにはMARVELやDCを代表としたヒーロー映画がたくさんありますが、『パワーレンジャー』ならではの色がきちんと出ていて新鮮に見られました。

――坂本監督が「すごい!」と思ったシーンを教えてください。

坂本
やっぱりゾードンがいる基地の中の描写ですね。TVシリーズの時は予算の都合で、基地は黒い布を貼って豆電球を付けただけのものでしたし、ゾードンの顔は役者を使わず、頭を剃ったスタッフの顔をはめ込んでいたんです。それが本作ではフルCGで壁の中を動き回り、表情もとても豊かになっています。アルファ5にしても、当時はコスチュームだけ作ってそれを動かしていましたが、立派と言うのもおかしな話ですが、とても豪華に表現されていて感激しました。基地のシーンを最初に見た時、「基地の中ってこうだったんだ!」と思いましたね(笑)。昔の『パワーレンジャー』を知っている人はそういう視点でも楽しめると思います。

――TVシリーズへのリスペクトを感じた場面はありましたか?

坂本
映画の中で、TV版『パワーレンジャー』の主題歌である「GO GO POWER RANGERS」が使われています。合体ロボが出動する時に流れるのが定番で、アメリカ人なら誰でも知っているくらいポピュラーな曲です。この曲がかかるというのはオリジナルへのリスペクトというか、今回リブートするうえで元祖のいいところを受け継ぎながら、今のティーンエイジャーにどう訴えかけるかというところでの取捨選択だと思いました。

――なるほど。ビジュアル面やドラマ性からしても、今回の映画のターゲット層はTV版よりも上の年齢層ですからね。

坂本
たとえばスーパー戦隊の名物のひとつに“名乗り”がありますが、これは普通のアメリカ人の感覚からすると、おかしな空間にしか見えないんです。実際に僕も「この時、敵は何をやっているの?」とよく質問を受けました。子どもの場合は“eye candy”といって、要するに「カッコよければ楽しく見てもらえます」ということで理解してもらったんですけど、今回の映画でTV版をリスペクトしすぎては、逆に観客はどう見ていいのか分からなくなると思うんです。きちんと元祖の要素を残しながらも、観客がリアリティを感じられるように作品をうまくまとめているな、という気がしました。
《奥村ひとみ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集