「ザ・ラジレンジャーズ」鈴村健一×神谷浩史インタビュー後編 カラオケの定番特撮ソングとは? | アニメ!アニメ!

「ザ・ラジレンジャーズ」鈴村健一×神谷浩史インタビュー後編 カラオケの定番特撮ソングとは?

インタビュー

「ザ・ラジレンジャーズ」鈴村健一×神谷浩史インタビュー後編 カラオケの定番特撮ソングとは?
  • 「ザ・ラジレンジャーズ」鈴村健一×神谷浩史インタビュー後編 カラオケの定番特撮ソングとは?
  • 「ザ・ラジレンジャーズ」鈴村健一×神谷浩史インタビュー後編 カラオケの定番特撮ソングとは?
2016年10月12日、『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』からアルバムCD『ザ・ラジレンジャーズ』が発売された。声優の鈴村健一と神谷浩史がパーソナリティを務めるラジオ番組は5周年を迎え、満を持してのアルバムCDだ。
ゲストには関智一、稲田徹、杉田智和という豪華キャストも参加し、それぞれ渾身のカバー曲を披露。さらに鈴村と神谷によるデュエット「Shake Hands」も収録、渡辺宙明による新曲ということもあり、ファン必聴の楽曲になっている。
楽曲だけでなく声優陣による座談会も収録、特撮ファンにもたまらない一枚となった。

本稿では、前編に続き鈴村健一、神谷浩史のインタビューをお届けする。それぞれの楽曲のポイントや、カラオケの定番ソングを語ってもらった。
[取材・構成:キャプテン住谷]

『ザ・ラジレンジャーズ』
http://columbia.jp/radirangers/

■鈴村・神谷が注目するゲストカバー曲のポイント

―ゲストの関智一さん・稲田徹さん・杉田智和さんがカバーした曲について、おふたりが注目されたポイントを教えてください。

神谷
「バイオロボの歌」はやっぱりサビですよね。「バイオ バイオ バイオロボ」という繰り返しの部分で、一番強く発音しなきゃいけない「ロボ」っていう単語が実は発声しずらいところなんです。ここに力点を置いてちゃんと歌を成立させることができるのは、すごい歌唱力なんだなっていう風に改めて思いました。後はやっぱり落ちサビの力の入り方。あの熱量は「すげえな!」って思いましたね。

鈴村
すごい。まず選曲もすごいけどね。「バイオロボの歌」を持ってくるって(笑)。

―選曲のエピソードも「座・談会!」で熱く語られていましたよね。

鈴村
そうですね。そこから入って、それでいてあの歌い込みというか。しかも噂によると、ほぼ一発で録ったらしくて。「美空ひばりか!」って(笑)。関さんの想いがグッと凝縮された感じがありますよね。特撮をずっと愛してきたからこそ「バイオロボの歌」を選んだし、それをこうやって歌い上げることに何の澱みもないというか。一途な感じが歌にもすごく出てますよね。

神谷
稲田徹と僕は同期なんですけど、徹ちゃん自身も特撮が大好きで、しかも彼はこの「駆けろ!スパイダーマン」って曲がものすごい好きなんです。この曲を仕事で歌えるっていう嬉しさが全体的に詰まってるので「元気になるなぁ」と思いながら聴いていました。だからこそ徹ちゃんなりのこだわりとして「スパイダーマン」っていうささやくところだったりとか、オリジナルに忠実にやってみたりとか。色んなパターンにトライしつつ録ってみたらしいですね。

鈴村
「アーッ!」って叫びながら曲に入るんですけど、あそこが実は「さん、はい」って言われてもすぐには入れないところなんですよね。裏から入るので。それを(稲田徹は)一発で入ったって言ってたから、半端なく好きなんですよね(笑)。歌い方とかそういうことを超越して、「なんて活き活きと楽しそうに歌うんだろう」って思いましたね。

神谷
もうね、DNAに刻まれた何かだよね。

鈴村
ね。刻まれてるよね完全にね。それすっごく感じますね(笑)。

―杉田さんの「ジャッカーコバック」についてはいかがですか?

鈴村
「ジャッカーコバック」はこれもう、本当に名曲だったんだなって。杉田くんが歌ってくれたのももちろん嬉しいんですけど、その上でこの曲をアルバムに入れてくれたことがすごく大事だったって聴くと分かるんですよね。すごく音楽的にも美しいし、宙明さんがあの頃からちゃんと大人の音楽を特撮に提供してくれていたんだなってことがすごくよく分かる。それを杉田くんが掘り起こしてくれたことにすごく感謝しています。

神谷
なんだかんだ言って、この『ザ・ラジレンジャーズ』っていうミニアルバムの中で一番リピートしてるのは「ジャッカーコバック」です。ものすごく聴いてますね。クセになるんですよね。やっぱり杉田節というか、彼の声って猛烈に魅力的で、それがこの一曲に凝縮されています。

鈴村
コーラスワークも美しいので、音楽的にも完成度が高いですね。

―コーラスには関さんが参加されているんですよね。

鈴村
そうですね。関さんがどんな顔で歌っているかまで想像できるくらい、関さんの要素がすごく強いです(笑)。
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集