「チア男子!!」AnimeJapan 2016ステージで米内佑希がチアリーディング大技に挑戦 | アニメ!アニメ!

「チア男子!!」AnimeJapan 2016ステージで米内佑希がチアリーディング大技に挑戦

イベント・レポート

7月から放送開始予定のテレビアニメ『チア男子!!』のスペシャルイベントが3月27日、AnimeJapan 2016内のオープンステージにて行われた。AnimeJapan 2016は、毎年春に開催される巨大アニメイベントだ。
『チア男子!!』は開催直前までタイトルを隠し、電撃製作発表された話題作である。ステージには、まだまだ謎が多い本作の情報を得ようと多くのファンが集まった。

ステージのオープニングには、早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」のOBが登場し、チアリーディングを披露。アクロバットな技の数々に観客からは手拍子と、度々歓声も起こり、会場を大いに盛り上げた。
続いて、キャストの米内佑希(坂東晴希役)、岡本信彦(橋本一馬役)、小野友樹(徳川翔役)が登場してのトークコーナーへ。まずはキャストが演じるキャラクターをそれぞれ紹介。「かつて柔道をやっていたが挫折し、一馬と一緒に新しいことをしようとチアを始める」(米内)、「晴希と幼なじみで、PVでは明るい子というイメージだが、本編ではそれだけじゃない」(岡本)、「私服のセンスがヤバイ子です。チア経験者なので彼が物語を動かすキーマンかも…」(小野)と解説した。

ここでスペシャルゲストとして、映画化もされた『桐島、部活やめるってよ』や、本作の原作小説である『チア男子!!』の著者である朝井リョウが登場。本作を書いた経緯について「大学に入ってから男子チアを見て“これは書かないといけない”と思った。書くことによって疑似体験がしたかったんです」と語り、約半年ほど練習を見学したり、大会などにも足を運んで取材を行ったという。
また、小説を書く際にチアリーディングの技の細かい描写を伝えるのが苦労したとの事で、「アニメ化という形は一番ありがたいですね」と映像化への喜びを語った。

朝井氏がステージを後にすると、なんとキャストがチアリーディングにチャレンジするコーナーへ。「SHOCKERS」OBが再び登場し、米内氏が代表でチャレンジすることに。チアリーディングの基本技である“エレベーター”と、更に一段高く上がる“エクステンション”に挑戦した。
練習無しのぶっつけ本番での挑戦ということで会場全体に緊張感が走る中、米内は技を見事成功させ会場からも大きな拍手が巻き起こった。

最後にキャストからメッセージが送られ、米内は「全て最高のキャスト、最高のスタッフ、最高の原作でお送りできると思います。最後まで目を離さずに見て頂ければと思います」とコメントし、イベントは幕を閉じた。
TVアニメは7月から放送が開始され、コミカライズも4月5日から「週刊少年ジャンプ+」にて連載される。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア:2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア:2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所:東京ビッグサイト
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集