「ガンダムビルドファイターズトライ」ベストバトル1位は!?冨樫かずみ、内田雄馬、牧野由依にインタビュー | アニメ!アニメ!

「ガンダムビルドファイターズトライ」ベストバトル1位は!?冨樫かずみ、内田雄馬、牧野由依にインタビュー

インタビュー

“冨樫かずみ、内田雄馬、牧野由依にインタビュー 特番で明かされる結果に「なるほど」”

『ガンダムビルドファイターズ』の7年後を舞台に、再び熱いガンプラバトルが繰り広げられる『ガンダムビルドファイターズ トライ』。聖鳳学園のガンプラバトル部「トライ・ファイターズ」のカミキ・セカイ、コウサカ・ユウマ、ホシノ・フミナの3人が全日本ガンプラバトル選手権制覇を目指す物語だ。
「ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray Box 2」が6月26日に発売されることを記念し、6月27日に特別番組「『ガンダムビルドファイターズトライ』みんなで選ぶベストバトルランキング!」がバンダイチャンネルにて配信される。今回は、番組収録直後のセカイ役・冨樫かずみさん、ユウマ役・内田雄馬さん、フミナ役・牧野由依さんに、ガンプラの魅力と配信に向けての意気込みをうかがった。
[取材・構成=川俣綾加]

ガンダムビルドファイターズトライ
http://gundam-bf.net/

■ ガンプラバトルはここが楽しい

――「みんなで選ぶベストバトルランキング」の収録が終わったばかりということで、ランキング結果を見ていかがでしたか?

牧野由依(以下、牧野)
ファンのみなさん、王道の真っ直ぐな戦いが好きなんだなと感じました。全部で41バトルあれば、戦術に唸ってしまうようなバトルや「それずるいじゃん!(笑)」なんて思ってしまうバトルもあります。その中で、スポーツの試合を見ているような、気持ちと気持ちがぶつかり合うような戦いがランキングに入ってくるんだなと、納得もありますね。

――ストレートなバトルもたくさんあるので「どれだろう?」と想像が広がってしまいます。

冨樫かずみ(以下、冨樫)
そうですね。真っ直ぐな戦いといっても、同じバトルは無いので一体どれになるのかぜひ楽しみにしていて欲しいです。

内田雄馬(以下、内田)
どれが1位になってもおかしくないくらい、たくさんの熱いバトルがありましたよね。僕もランキング結果を見て「なるほど」と思いました。

――長年のファンも多いガンプラですが、そのガンプラを使ったガンプラバトルの魅力は何でしょうか。

冨樫
私が演じさせていただいているセカイ自身は、何も知らないでガンプラバトルの世界に飛び込んだ少年。彼にとっても私にとっても、自分で作ったガンプラで戦って勝敗が決まる、ガンプラの美しさだけではなく強さも競えるのが面白い点だなと。

内田
「ガンプラバトル」の名の通り、ガンダムシリーズのいろいろな機体が登場します。僕が演じるユウマもガンダムが大好きという気持ちが原点なので、自分の好きなガンダムを自由にカスタマイズして戦わせることができるのもワクワクするポイントだなと思います。バトルで壊れてしまっても「次はもっと強いガンプラを作ってやる!」と新たな挑戦につながるのも魅力です。

/

――「僕のガンプラはまだ改善の余地がある!」というユウマのセリフが、まさにそれですよね。

内田
他の人の言葉で悩んだり葛藤したり、でも前に進めることに気づけたユウマは、ガンプラバトルを通して人間としてもすごく成長しましたね。

――牧野さんはガンプラバトルの魅力についてどう思われますか。

牧野
この作品の収録で台本を読んでいると、ガンプラバトルを知れば知るほど“遊び”の概念が変わりました。遊びだからこそ本気。

――牧野さんが演じるフミナはセカイをガンプラバトルに引き込んだキャラクターですよね。何も知らなかったセカイにその魅力を伝えていった。

牧野
そうなんです。フミナは作品としてのガンダムも、そしてガンプラも大好きだし、自分の手で作ることも大好き。フミナが魅力に感じているのは“戦う本気の遊び”。ただの遊びだと思っていないんですよね。

/

《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集