次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る | アニメ!アニメ!

次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る

イベント・レポート

次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る
  • 次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る
  • 次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る
  • 次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る
  • 次回作は「動く作品」? 「思い出のマーニー」で米林宏昌監督が講演で語る
2015年3月7日(土)、三鷹市芸術文化センター星のホールにて「『思い出のマーニー』特別上映と米林宏昌監督講演会」が開催された。これは「三鷹の森アニメフェスタ2015」内のプログラムの一部として企画されたものだ。
BD/DVDリリースを控えた『思い出のマーニー』をスクリーンで見られるという貴重な機会や入場無料に加え、米林監督の貴重な話が聞けると言うことで会場は満席状態。司会及び聞き手に小島一宏アナウンサーを迎え、様々な話題に言及した講演会となった。

奥さんの手作りというてんとう虫のブローチがあしらわれたベレー帽を被り、トラッドスタイルで登場した米林監督は、マーニーが今年1月にはフランスで、3月に韓国、5月にアメリカで順次公開となることについて「世界中で見られるというのは幸せな事です」と語った。
前作『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)から2作続けてイギリスの話を描いている米林監督だが、意外なことにイギリスへは行ったことがないとのこと。アリエッティでは「アメリカ英語」と「イギリス英語」2種類の英語吹き替えが作成されたことに触れつつ、いつかイギリスへ行ってみたいと話した。

『マーニー』制作時の苦労としては、やはり原作をアニメにするという根本の部分が大きかったようだ。多くのインタビューでも語っているように、原作のアンナの語り口や心理描写をアニメーションにする手がかりを見つけられず、ついには鈴木敏夫プロデューサーに「やりたくないです」と直談判も行ったという。ただ、動きの少ない静かな作品、地味とも取れる作品をやるのは貴重な機会だと自覚していて、挑戦心はなくならなかった。
さらには宮崎駿さん、高畑勲さんが相次いで『風立ちぬ』(2013年)『かぐや姫の物語』(2013年)と、対象年齢の高めの作品を発表している中で、米林監督は「子どものためのアニメを作りたかった」と打ち明け、『マーニー』を完成させたとのこと。「ただ、できたものはけっこう難しいものになってしまいました」とはにかみつつ付け加えた。

心理描写を言葉・セリフではなくアニメーション・動きで現すということに光明を見出したのは「杏奈は絵を描く女の子」という、原作にはない設定を付けたことが大きいという。絵を描く時の姿勢や、書き上がった絵に、杏奈の心理描写を託した。
また、マーニーを金髪にしたことに対し、宮崎さんから「金髪なのは気に入らない」とダメ出しが入る一方、米林監督は「金髪が描きたかった」と押し切ったのだという。

米林監督の出身大学である金沢美術工芸大学は、『バケモノの子』の7月公開を控えた細田守さんや架空世界『イバラード』などの画家・井上直久さんも在席したことで知られる。2人の後輩に当たる米林監督は細田さんの残した卒業制作の絵コンテや設定などを見て「うまい人がいるんだなあ」と感動したという。

多くの人が期待しているであろう次回作に関しては、「いくつかアイデアがありますが、まだ発表できる段階ではないです」としながらも、自身も原画で関わり、好きだという宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』(2008年)を引き合いに出し「静の作品だったマーニーとは真逆の動く作品を考えています」と打ち明けた。『ポニョ』といえば凄まじい「動」のアニメーション作品。米林監督の描く「動」の作品がどのようなものになるか、今から楽しみだ。
『思い出のマーニー』は3月18日にDVDとBlu-rayでリリースとなる。

スタジオジブリ作品
『思い出のマーニー』
http://marnie.jp/
3月18日 DVD/Blu-rayリリース

[スタッフ]
原作: ジョーン・G・ロビンソン「思い出のマーニー」(松野正子訳・岩波少年文庫刊)
脚本: 丹羽圭子・安藤雅司・米林宏昌
監督: 米林宏昌
作画監督: 安藤雅司
美術監督: 種田陽平
音楽: 村松崇継
主題歌: プリシラ・アーン「Fine On The Outside」

[キャスト]
杏奈: 高月彩良
マーニー: 有村架純
松嶋菜々子 寺島進 根岸季衣 森山良子 吉行和子 黒木瞳
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集