朴ろ美さんに訊く「∀ガンダム」ロラン・セアック、そして富野由悠季監督の出会い | アニメ!アニメ!

朴ろ美さんに訊く「∀ガンダム」ロラン・セアック、そして富野由悠季監督の出会い

レビュー

朴ろ美さんに訊く「∀ガンダム」ロラン・セアック、そして富野由悠季監督の出会い
*(「ろ」は「王」に「路」と書きます)

[取材:数土直志]

2014年秋に『ガンダム Gのレコンギスタ』がテレビ放送を開始した。総監督は富野由悠季氏だ。『機動戦士ガンダム』を始め数々のアニメの監督を手掛けてきた富野氏は、様々なジャンルからの才能をアニメの現場に起用し、若い才能を発掘することでもよく知られている。
1999年にテレビ放送され、今年、待望のBlu-ray Boxを発売する『∀ガンダム』もそのひとつだ。キャラクター原案の安田朗氏はゲーム分野で活躍してきたが、『∀ガンダム』では初めて本格的にアニメに関わる。メカニカルデザインとして∀ガンダムをデザインしたシド・ミード氏は、SF映画などでも活躍する米国の工業デザインの重鎮だ。

『∀ガンダム』の主人公であるロラン・セアックの声優を担当した朴さんも、その中の一人だ。もともと舞台女優として活躍していた朴さんが初めて声優に挑戦したのは、富野由悠季監督の1998年のテレビアニメシリーズ『ブレンパワード』の女性パイロットのカナン・ギモスである。そして、初の主人公が翌年の『∀ガンダム』のロランだった。
朴さんは声優として数々の役柄をこなすが、恰好のいい女性役、そして少年役は得意とするところ。その声優としてのキャリアの最初で、そのふたつを富野監督との作品で演じている。朴さんにとって『∀ガンダム』と富野監督はきっと思い入れも深いはずだ。『∀ガンダム』のBlu-ray Boxが発売されるのを機に、あらためて朴さんに『∀ガンダム』と富野監督の思い出を語っていただいた。

『∀ガンダム』公式サイト
http://www.turn-a-gundam.net/

■ 「『ブレンパワード』のカナンは、当時の私に似ていた」

そもそも舞台女優として活躍していた朴さんが、声優の仕事を選んだきっかけはどういったものだったのだろうか?お話を伺うと、やはり富野監督との出会いがそこにあった。
朴さんは意外なエピソードを教えてくれた。「オーディションを受けた時期は、お芝居を辞めようと思っていたんです」。その時に『ブレンパワード』のオーディションの話があり、「絶対ダメだと思って受けてみたら、受かった」という。そこから初めて声優に挑戦することになった。
しかし、この話には別なストーリーもある。「オーディションに先立って富野監督が自分が出演していた野外公演を見に来ていた」ということを朴さんは後から知る。「仕組まれていたのかはよく分からない」と自身は話すが、富野監督が当初から朴さんの才能に大きな関心と期待を感じていたのは間違いないようだ。

fd

『ブレンパワード』は、朴さんにとって大きな転機になった。初めての声優経験だが、周りの先輩に助けられながらカナン・ギモスを演じ切り、大きな充実感も得たと言う。
何よりもカナンに対する朴さんの思い入れはかなり大きかったようだ。それは初めての声優経験に加えて、カナン・ギモスの役柄自体にあったかもしれない。カナン・ギモスは、リクレイマーの組織を抜け出した主人公・伊佐未勇を追ってノヴィス・ノアに参加する女性パイロット。お洒落で恰好よいが、心にトラウマを抱え、しばしば不安定になる役柄だ。「カナンの人柄は、自分が当時持っていた焦燥感によく似ていた」と朴さんは話す。
それだけに『ブレンパワード』の打ち上げでは、「声優の仕事はもうこれで最後かと思って大泣きした」という。しかし、実際には、まさに朴さんのキャリアを大きく変える役柄がその後に待っていた。『∀ガンダム』の主人公、ロラン・セアックだ。

fd

《数土直志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集