「攻殻機動隊ARISE border:3 」 EDアーティストに攻殻ファンのショーン・レノン | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊ARISE border:3 」 EDアーティストに攻殻ファンのショーン・レノン

6月28日より上映開始の『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』エンディングテーマを担当するアーティストが決定した。今回は海外からショーン・レノンが参加することになった。

ニュース
6月28日より上映開始の『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』エンディングテーマを担当するアーティストが決定した。今回は海外からショーン・レノンが参加することになった。
4部作となるシリーズは、全体を通してコーネリアスが音楽を担当している。そのうえでゲストアーティストも招いてきた。これまでborder:1ではsalyu × salyu、border:2では青葉市子がコラボレートした。そして今回のborder:3では、ジョン・レノンの息子としても知られるショーン・レノンを迎える。「攻殻機動隊」スタートから25年のアニバーサリーイヤーにふさわしい、スペシャルなコラボレーションとなる。

ショーンとコーネリアスは、長年親交が深い。オノ・ヨーコ率いるプラスチィック・オノ・バンドで共に活動をしている。加えてショーン自身がもともと攻殻機動隊の大ファンであったことから今回のオファーとなり実現した。
ショーンは「(コーネリアスの小山田)圭吾といっしょに作ったこの曲を聴いてくれて感謝している。歌詞を一生懸命作ったので、楽しんでもらえるとうれしいです。ありがとう」とコメントしている。

『攻殻機動隊ARISE』は、今年は1989年に『攻殻機動隊』がヤングマガジン海賊版(講談社刊)にて連載を開始して25年となる。作品は公安9課こと“攻殻機動隊”が結成されるまでの物語を前日譚を新たに描いている。
4部作シリーズとして展開中で、『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』は第3話目となる。今回は攻殻史上初のラブストーリーになるという。草薙素子がこれまで見せたことのない恋する女の表情をみせることで話題だ。ショーンとコーネリアスのコラボも、この恋の行方を盛り立ててくれることだろう。
[真狩祐志]

『攻殻機動隊ARISE』
/http://www.kokaku-a.jp/
『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
2014年6月28日(土)劇場上映開始
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集