巻町操役の土屋太鳳に密着 「るろうに剣心」影現場に潜入 | アニメ!アニメ!

巻町操役の土屋太鳳に密着 「るろうに剣心」影現場に潜入

ニュース

昨年公開され大ヒットした映画『るろうに剣心』の続編で2014年に公開を予定している映画『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』の2部作の撮影現場・京都太秦東映撮影所に潜入。本作から新たにシリーズに参戦した、“巻町操”役の土屋太鳳が作品の魅力を語ってくれた。

本作は、前作に続き、原作ファンの間で最も人気の高い「京都編」をベースに、日本制圧を目論む新たな敵が待ち受ける京都が舞台となる。

お庭番の巻町操(みさお)役に扮する土屋さんは「龍馬伝」('10)で大友監督作品に参加しており、今回はオーディションで操役を手にした。「オファーが来たときは飛び上がりました」と喜びを爆発させる。

「飛び抜けて明るい役、監督からはまっすぐで素直。感情豊かで、裏表の無い女の子を演じて欲しいと言われました」とふり返える。本作への出演が決定して大感激の様子。勉強熱心な土屋さんは、自身の出番が無いときも撮影所を訪れ、熱心にアクションシーンを見て勉強していたという。

3歳の頃からクラッシックバレエを始め、ダンスの経験があるという土屋さんだが、「演技しながらのアクションは難しい。でも心の動きが表情の動きに変わるときが楽しい」と意気込む。

さらに、共演者の伊勢谷友介さん(蒼紫)については「佇まいからオーラを放っていて、すごくカッコいい。普段は良くしゃべる方です」と印象を語った。劇中の操は蒼紫への恋心も滲ませるのだが、「慕っているのに仲のいいシーンはあまり無いんです」とちょっと不満(?)そう。「『蒼紫さま!』と好きな人の名前を呼ぶときの声や高さなど意識している」と難しい役どころにも果敢に挑戦していることを明かした。

剣心役の佐藤についても「頭の回転の速い方、人を惹きつける魅力を持っていて、面白いところもある」と印象を語った。「今は与えられたものをいかに自分のものにできるのかということ。最後まで突っ走っていけるように頑張りたい。戦うときの操を見て欲しい」と瞳を輝かせた。

映画『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年夏に全国で公開。

【『るろうに剣心』撮影現場に潜入vol.3】フレッシュな18歳・土屋太鳳(巻町操)に密着!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集