たった6畳で100インチの迫力の画面を楽しめる! 世界初HD超短焦点プロジェクターBenQ「W1080ST」 | アニメ!アニメ!

たった6畳で100インチの迫力の画面を楽しめる! 世界初HD超短焦点プロジェクターBenQ「W1080ST」

ニュース

アニメファンなら「もっと大きな画面で好きなアニメを楽しみたい」と考えたことはないでしょうか?
でも、大きな液晶ディスプレイは一人暮らしには大きすぎるし、そうでなくとも置く場所に困ってしまう。「普段は今ある液晶テレビでいいんです! でも、アニメやゲーム、友達と盛り上がりたい時には大画面」という人にオススメなのがBenQの「W1080ST」。一体どんな魅力があるのか? 一人暮らしの山崎君と後輩の原田君の休日を追ってみました。

原田
山崎先輩~! いいもの持ってきましたよ。一緒に遊びましょう!

fd

山崎
えっ、急だなあ、今(アニメを見るのに)忙しいんだけど、って何これ?

fd

原田
アニメを見てんだろうなと思って、これを持ってきたんです!! 山崎先輩の部屋、ちょうど白い壁があったなと思って。一緒に『しろくまカフェ』を見てほっこりしましょうよ!

山崎
でもこの部屋そんなに広くないよ? 壁とプロジェクタの距離はこんなに狭くてもいいの?

fd

原田
もちろんです! この「W1080ST」は世界初のフルHD超短焦点プロジェクターなので、投写距離が1mだったとしても大画面を楽しめるんですよ。試しに測ってみましょう。

fd



山崎
プロジェクターから壁まで116cmで、画面の大きさは……

fd

77インチもある! 大きい! たったこれだけでこんなに大きいなら、もう少し投写距離を取ると一体どうなってしまうんだ!? 原田、そっち持って!

fd

原田
はい! テーブルを後ろに下げて……また測ってみると……。

山崎
おおおおーーーっ!! 投写距離たったの150cmで100インチ! これはすごい迫力!

fd

原田
映像を写すだけでなんだか幸せな気分になれますねこれは!

山崎
この大きさなら『しろくまカフェ』の世界に入り込むことができるよ。「いらっしゃいませー、お客様、ご注文は?」

fd

原田
先輩がとうとう次元を凌駕してしまった……!

山崎
アハハハハハ、フハハハハハ!!!

fd

山崎
『這いよれ!ニャル子さん』も大画面になるといっそうテンションが上がる!

fd

原田
ドアップのクー子も、たまりませんね!!

(C) ヒガアロハ・小学館/しろくまカフェ製作委員会 2012
(C) 逢空万太・ソフトバンク クリエイティブ/名状しがたい製作委員会のようなものW
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集