「宇宙兄弟」が文科省「プログラミン」とタイアップ グランプリはTVアニメ放送枠で紹介 | アニメ!アニメ!

「宇宙兄弟」が文科省「プログラミン」とタイアップ グランプリはTVアニメ放送枠で紹介

ニュース

読売テレビ他で放送中のアニメ『宇宙兄弟』と文部科学省の子ども向けのプロジェクト「プログラミン」がタイアップする。「プログラミン×宇宙兄弟コンテスト」の作品募集が、10月23日よりスタートした。

「プログラミン」は、2010年にスタートしたプロジェクトだ。子ども達が簡単に、コンピューターのプログラミングを体験出来ることを目指している。3年間で500万ページビューを超えるアクセスを記録、文科省のサイトでも屈指の人気の高さを誇る。
宇宙開発やスーパーコンピュータ 京などを分かりやすく伝えている。また、様々なイラストやキャラクターを選んで数値を指定するだけで思いのままに動かせるなど楽しい企画が満載だ。

「プログラミン×宇宙兄弟コンテスト」の募集は、アニメ部門とプログラム部門となっている。主人公の南波六太・日々人の兄弟など、『宇宙兄弟』から72種類のイラストを使用するのが特徴だ。
アニメ部門はストーリーや動きなどの演出、プログラム部門はゲームなどのプログラムの仕組みが審査基準となる。各部門共にキッズの部(小学生以下)と一般の部(中学生以上)が設けられている。

審査員は『宇宙兄弟』の原作マンガを描く小山宙哉さん、宇宙飛行士の野口聡一さんらが務める。また、各グランプリ受賞作品は放送中のアニメ『宇宙兄弟』内で紹介される。子どもたちにとってはうれしてプライズになるだろう。このほか宇宙兄弟賞、MEXT賞、JAXA賞、理研AICS賞が特別賞が設けられる。
締め切りは2014年1月15日、受賞作品は2月中旬に応募を受け付けている「プログラミン」のサイトで発表する。
[真狩祐志]

プログラミン
/http://www.mext.go.jp/programin/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集