「宇宙兄弟」 10月からの新ED「New World」 奄美大島出身のカサリンチュが担当 | アニメ!アニメ!

「宇宙兄弟」 10月からの新ED「New World」 奄美大島出身のカサリンチュが担当

鹿児島県奄美大島在住の2人組ユニットのカサリンチュが、アニメ『宇宙兄弟』の秋からの新エンディングテーマを担当している。ニューシングル「New World」が起用された。

ニュース
「New World」期間生産限定盤
  • 「New World」期間生産限定盤
  • 「New World」通常盤
鹿児島県奄美大島在住の2人組ユニットのカサリンチュが、アニメ『宇宙兄弟』の秋からの新エンディングテーマを担当している。ニューシングル「New World」が起用され、11月5日に本編とあわせてオンエアーされた。
『宇宙兄弟』のテーマ曲には、これまでユニコーンやスキマスイッチを初め、若手から実力派まで多くのアーティストが参加している。これにカサリンチュが加わった。

2人は奄美に拠点を構えて活動する異色のアーティストだ。2010年にメジャーデビューした。最近ではフジテレビ系列「めざにゅ~」のお天気キャスター・曽田麻衣子さんも参加した楽曲「夏が終わる前に」で話題となり人気急上昇中だ。
声×ヒューマンビートボックスという、これまでありそうでいなかったユニットとしても注目されている。『宇宙兄弟』と伴に、そのより多くの人がその音楽に出会うことになる。

ヒューマンビートボックスとボーカルを担当するコウスケさんは飲食店、ボーカルとギターを担当するタツヒロさんは製糖工場に勤務するサラリーマンとしてアーティスト活動を続けていた。
音楽活動との兼業を続けてきた中で、タツヒロさんは6月末をもって10年間務めてきた工場を退社した。より深く音楽活動に力を注ぐためである。今回の「New World」は、その最中に書き下ろされた楽曲でもある。
会社を辞めることを決意し、覚悟をもって音楽の世界へ踏み込んだタツヒロさんと、会社を辞めて宇宙飛行士を目指す『宇宙兄弟』の主人公・ムッタの姿が重なる。「新しい世界はいつだって 僕らの一歩さきにある」。「New World」の楽曲の中で繰り返されるフレーズは、本編とアーティストのふたりにイメージが重なる。

「New World」は11月13日に、CDがリリースすることが決定している。「New World」のカップリングには、『宇宙兄弟』ファーストシーズンのエンディングテーマとしてヒットしたRakeの「素晴らしき世界」のカバーも収録されている。どんなアレンジになったも気になるところだ。こちらでこれまでの『宇宙兄弟』を思い返してみるのもいいかも知れない。
CD価格は、期間生産限定盤が1400円(税込)、通常盤1200円(税込)である。なお「New World(Anime Edit Version)」は、期間生産限定盤のみの収録となる。
[真狩祐志]

カサリンチュ
/http://www.kasarinchu.com/

アニメ『宇宙兄弟』
/http://www.ytv.co.jp/uchukyodai/ 



「New World」
2013年11月13日発売
期間生産限定盤(デジパック仕様) 1400円(税込)
通常盤 1200円(税込)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集