「松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999」 作者自薦の短編集刊行 | アニメ!アニメ!

「松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999」 作者自薦の短編集刊行

ニュース

マンガ家生活60周年、代表作『宇宙海賊キャプテンハーロック』の映画化、記念展「松本漫画の華麗なる宇宙」の開催と松本零士さんを巡る話題が目白押しだ。そうしたなか松本ワールドを一冊の本で振り返る企画が立てられた。
小学館クリエイティブは、2013年8月21日に短編集『松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999』を刊行する。松本零士さん自身が、数ある作品の中から10本の短編を厳選した。

『松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999』は、そのタイトルどおり、松本零士さんの代表作『キャプテンハーロック』、『銀河鉄道999』、『宇宙戦艦ヤマト』などのつながりを一望するものになる。様々な短編作品を切り取ることで、松本零士さんの世界が楽しむことが出来る。
収録作品は、ハーロックサーガの初期作品『宇宙船デスシャドー』、『宇宙戦艦ヤマト』の外伝「永遠のジュラ編」、さらに『銀河鉄道999』から「蛍の街」、未来のおいどんを描く「おいどんの地球」などである。作者自身が選んだだけに、いずれも名作として知られる珠玉の物語だ。

また、巻末には9月7日公開の映画『キャプテンハーロック』の脚色・脚本を担当した作家・福井晴敏さんへのインタビュー、さらに松本零士さん自身へのロングインタビューを収録している。最新の松本作品の動きも見逃せない。
発行は、名作マンガの復刻の定評がある小学館クリエイティブが行う。価格は1600円、8月21日発売予定だ。



『松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999』
著者: 松本零士
発行: 小学館クリエイティブ   発売:小学館
定価: 1600円+税  発売予定: 2013年8月21日

■ 収録作品
「宇宙戦艦デスシャドー」
「ジャマシティのマッチ・ロック」
「銀河鉄道999<蛍の街>」
「宇宙戦艦ヤマト<永遠のジュラ編>」
「セクサロイドから「in THE DINOSAUR ZONE」」
「四次元世界シリーズから「サレルヤの森」」
「模型の時代(小松左京原作)」
「戦場まんがシリーズから「鉄の竜騎兵」」
「戦場まんがシリーズから「アフリカの鉄十字」」
「男おいどんから「おいどんの地球」」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集