デジタルワークスセミナー開催 アニメ業界のデジタルの仕事を学生に解説  | アニメ!アニメ!

デジタルワークスセミナー開催 アニメ業界のデジタルの仕事を学生に解説 

ニュース

日本動画協会は、東京国際アニメフェア2013にてアニメ業界デジタルワークスセミナーを開催する。毎年好評の当セミナーが、今年も行われる。
セミナーはアニメ業界で、デジタルに関わる仕事を目指す学生などを対象としている。アニメ業界のなかでもあまりよく知られていないアニメ制作でのデジタルワークが実際どのようなものかを紹介する。この理解を深めることで、就業への一助となることを目的としている。

今回は講師に3DCGクリエイター兼マネージャーの下山真吾さんを招いた。下山さんは鹿島建設からトムス・エンタテインメントを経て、シモグミを設立した。トムス・エンタテインメント時代には映画『それいけ!アンパンマン うきぐも城のひみつ』やテレビシリーズ『スケアクロウマン』の制作などに携わっている。
また、当日の内容は「ベテランクリエイターとルーキーが、それぞれ同じカットを担当」、「アニメ的な演出でのCGによるアプローチ具体例で解説!」、「美術チームの戦い」、「コンポジット&VFXの技」である。具体的なシーンをベテランとルーキーたちに担当させ、二人が生み出していく様や経験値の差などを解説する。そのワークフローを赤裸々にレポートする予定だ。
手描きイメージボードからCGへ再現する苦闘やコンポジットでの最後の調整といったテクニックにも注目したい。

セミナーは、東京国際アニメフェア2013の初日3月21日の12時からである。受講料は無料だが、ビジネスデーのため学生(18歳以上)はアカデミックチケットの事前購入が必要となる。
応募はe-mailのみでの受け付けになっている。件名を「アニメ業界デジタルワークスセミナー参加希望」とし、名前 (フリガナも記入) 、性別、年齢、学校名(所属名)、電話番号、講師に質問してみたいことを本文に明記する。定員は100名である。
[真狩祐志]

アニメ業界デジタルワークスセミナー
〜シモグミ的CGアニメーションのつくりかた〜
/https://www.tokyoanime.jp/office/public/symposium_detail_ja/2

開催日時: 3月21日(木) 12時00分〜 (講演時間 約90分)
開催会場: 東京国際アニメフェア2013 会場内
受講料: 無料

主催: 一般社団法人日本動画協会 デジタル技術研究会
協力: 株式会社シモグミ
講師: 下山真吾 (3DCGを演出するクリエイター兼マネージャー)
募集対象: アニメ業界に興味を持つ学生、アニメ関連の教育関係者
※学生はアニメフェア入場の為に、「アカデミックチケット」前売券800円が必要
定員: 100名
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集