まるでSFの世界デジタルコンテンツEXPO 2012開催 細田守監督シンポジウムも | アニメ!アニメ!

まるでSFの世界デジタルコンテンツEXPO 2012開催 細田守監督シンポジウムも

ニュース

最新デジタル技術を一堂に集めた国際的イベント「デジタルコンテンツEXPO 2012」が10月25日(木)から27日(土)までの3日間、日本科学未来館で開催される。
経済産業省が主催する本イベントでは、CGや3D立体視・VR(仮想現実)・AR(拡張現実)などデジタル技術を活用した作品の企画展示が行われる。また世界の第一線で活躍するクリエイターや研究者によるセミナー・パフォーマンスなども実施する。

企画展示ではSFさながらの最新技術を体験することができる。「拡張満腹感」はAR技術で食品の見た目のサイズだけを変えて、食べたときの満腹感を操作するシステムだ。実験では、通常11枚で満腹になるクッキーを1.5倍のサイズに拡大すると7枚でお腹がいっぱいになったという結果が得られている。
「透明プリウス」は光学迷彩を車内に搭載し、後部座席が透明になったかのように車両後方を見ることができる装置だ。ドライバーからは死角が減り、視認性の向上を実現した。
そのほか、過去の出来事を目の前で起きている現実として体験できる実験装置「代替現実システム」や、運転に役立つAR情報を車のフロントガラスに映し出す「AR HUDユニット」など、様々な技術の展示が行われる。

また25日(木)の11時から、映画『おおかみこどもの雨と雪』が大ヒット中の細田守監督と建築家・隈研吾さんのシンポジウムも企画されている。「日本の表現は世界に通用するか?」と題し、日本人のアイデンティティや日本固有の感性をテーマにトークが行われる予定だ。
さらに27日(土)の15時15分からは、2012年のイグノーベル賞を獲得した栗原一貴さんと塚田浩二さんの記念公演も実施する。狙った相手の発言をストップさせる装置「SpeechJammer」にまつわるエピソードなどが紹介される。
[高橋克則]

デジタルコンテンツEXPO2012 (略称:DC EXPO2012)
/http://www.dcexpo.jp
2012年10月25日(木)〜27日(土)10:00〜17:00
※各会場、プログラムによって時間の変更/延長あり
会場: 日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
主催: 経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会
料金: 入場無料
※一部プログラムでは教材費が必要。日本科学未来館の展示施設への入場は有料
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集