現地騒然!シリーズ初のエヴァの海外原画展 米国、中国で相次ぎ開催 | アニメ!アニメ!

現地騒然!シリーズ初のエヴァの海外原画展 米国、中国で相次ぎ開催

人気アニメシリーズ『エヴァンゲリオン』の原画展が、米国・サンフランスコと中国・北京で相次いで開催される。8月25日、26日がサンフランスコ、11月3日から11日が、北京となる。

ニュース
 
  •  
  •  
  •  
人気アニメシリーズ『エヴァンゲリオン』の原画展が、米国・サンフランスコと中国・北京で相次いで開催される。8月25日、26日がサンフランスコ、11月3日から11日が、北京となる。
『エヴァンゲリオン』シリーズの海外での公式原画展は、今回が初となることから、現地ではかなりの注目を集めることになりそうだ。とりわけ開催決定が6月20日に発表になった米国では数多くのメディアがユースを伝えるなど大反響を巻き起こした。

米国のイベントは、「エヴァンゲリオン POP UP MUSEUM at J-POP SUMMIT FESTIVAL 2012」である。今年で4回目を迎えるサンフランシスコのカルチャーイベントの目玉企画となる。
会場は日本街の文化拠点NEW PEOPLEのSuperfrog Gallery、チケットは5ドルである。展示はエヴァンゲリオンのアニメ制作過程を紹介するおので、原画や関連グッズなどが中心となる。

一方、中国の会場となるのは、秋に開催が予定されている北京国際動漫フェステイバル(ICAC(International Comic and Animation Convention))である。イベントは日本と中国のアニメを広く紹介するものだ。アニメ上映会やコスプレ大会、アニソンライブも予定する。
アニメの原画展もそうしたひとつ。こちらもイベントの目玉としてエヴァの原画展が行われる。国境を『超えたエヴァ人気がさらに広がりそうだ。
また、今回のイベントは、6月22日に発表されたグローバルイベント「ヱヴァンゲリヲン地球一周スタンプラリー」~Evangelion World Stamp Rally 2012~とも連動している。会場内にはスタンプラリーのスタンプ設置場が設けられる。秋公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に向けた動きのひとつとしても注目だ。


「エヴァンゲリオン POP UP MUSEUM at J-POP サミット・フェスティバル 2012」
日時 :8月25日(土)26日(日)
場所: 米国サンフランシスコ日本街NEW PEOPLEビル3階Superfrog Gallery
チケット: 5ドル(当日券のみ)
ウェブサイト: j-pop.com

ICAC(International Comic and Animation Convention)
http://icac2012.com/
中国 北京蟹島集団(北京朝陽区蟹島路1号)
http://www.xiedao.com/html/index.asp
日本館 EVA 原画展内
11月3日(土)~11月11日(日):
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集