新たに展開する「牙狼」 製作発表会に豪華スタッフ、キャストが登場 | アニメ!アニメ!

新たに展開する「牙狼」 製作発表会に豪華スタッフ、キャストが登場

「牙狼」シリーズの最新作がこの秋に登場する。2005年のテレビシリーズスタート以来のテレビシリーズ

イベント・レポート
 最先端のVFXと雨宮慶太監督の映像美が融合し、独自の世界観を築き上げた特撮アクション「牙狼」シリーズの最新作がこの秋に登場する。2005年のテレビシリーズスタート以来のテレビシリーズとなる『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』である。放映以来、映画、スペシャル版、スピンオフと様々な展開をしているが、テレビシリーズとしては実に6年ぶりだ。
 『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』は10月より、テレビ東京系で放映開始。さらに9月24日からはテレビ放映に先駆けた全国5都市の劇場で異例の連続プレミアレイトショーも行う。そこからは本作がかなり力の入ったプロジェクトであることが分かる。

 その製作発表会見が、8月25日東京・汐留で開催された。竹中直人さんをゲストに招いた第1話「火花」の上映のあとに、ステージに登壇したのは雨宮慶太監督、横山誠監督、小西遼生さん、肘井美佳さん、螢雪次朗さん、中村織央さん、藤田玲さん、山本匠馬さん、さとうやすえさん、松山メアリさん、倉貫匡弘さん、影山ヒロノブさん、ひし美ゆり子さんと総勢13人も及んだ。
 主人公鋼牙を演じる小西遼生さん、そして再びヒロインの御月カオル役として出演する肘井美佳さんをはじめ、テレビシリーズ、映画を彩った役者陣である。新シリーズはかなり華やかで豪華なものとなる。
雨宮監督によれば、本作の見どころは成長した主人公鋼牙、そしてそれを演じる成長した小西遼生だという。さらにスペシャル版や映画では描かれなかった鋼牙とカオルの物語をしっかり描くとのこと、新たなスタートに期待だ。

       garohappyo.JPG

 お馴染みのメンバーに加えて新キャラクターも登場する。中村織央さんが、新たに魔戒法師レオを演じる。また、往年の特撮ファンにうれしいのは、『ウルトラセブン』のアンヌ役でも知られた ひし美ゆり子さんの出演だ。ひし美さんは、番犬所の上位機関である元老院の神官グレスを演じる。今後の物語の鍵を握ることになりそうだ。
 『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』は、最強の力を持つ黄金騎士として数々の魔獣を葬り去った鋼牙の新しい物語だ。元老院付きなった鋼牙の前に現れた謎の赤い仮面の男、そして魔戒法師レオと興味は尽きない。

 また、雨宮監督によれば、本作は作品としてだけでなく、コンテンツビジネスとしても盛り上げていくという。既にテレビ放映に先行した劇場上映も決まっているが、作品をさらに広げるためのさらなる試みを考えているようだ。「周辺ビジネスに注目して欲しい」という監督の言葉を、今後も忘れずに置きたい。

        kougamain.JPG
        (c)2011 雨宮慶太/東北新社

『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』
/http://www.garo-tv2.jp/
9月24日(土)より連続プレミアムレイトショー
10月よりテレビ東京系深夜枠にて放送スタート

[キャスト]
小西遼生、肘井美佳、中村織央、藤田玲、山本匠馬、さとうやすえ、松山メアリ、倉貫匡弘
影山ヒロノブ(声の出演)、ひし美ゆり子、螢雪次朗

[スタッフ]
原作・総監督: 雨宮慶太
監督: 雨宮慶太、横山誠、金田龍、小坂一順
アクション監督: 横山誠(AAC STUNTS)
脚本: 江良至、井上敏樹、小林靖子、藤平久子、小林雄次、田口恵、横山誠、雨宮慶太
製作: 東北新社
制作: 東北新社/オムニバス・ジャパン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集