指揮者ジェームズ・デプリーストさんが死去 「のだめカンタービレ」に実名で登場 | アニメ!アニメ!

指揮者ジェームズ・デプリーストさんが死去 「のだめカンタービレ」に実名で登場

ニュース

二ノ宮知子さん原作の人気マンガ作品『のだめカンタービレ』に実名で登場した指揮者ジェームズ・デプリーストさんが亡くなった。76歳だった。
ジェームズ・デプリーストさんは多くの著名オーケストラで客演を務めており、クラシック界において様々な功績を残した人物である。とりわけ日本においては、クラシック音楽をテーマにした『のだめカンタービレ』に参加し、本人役で出演したことで幅広く知られている。

2006年のテレビドラマ化の際には、本作のオリジナル・サウンドトラックへ参加。ベートーヴェンの交響曲第7番第4楽章やブラームスの交響曲第1番などを、東京都交響楽団の演奏で自ら指揮を振るった。
その楽曲を収録したCD『「のだめオーケストラ」LIVE!』はクラシックとしては異例の35万枚を超えるヒットを記録して大きな話題を集めた。
楽曲に携わるだけではなく、原作には実名で登場し、ドラマでは本人役で出演するなど、指揮者という立場を越えて本作に深く関わってきた。クラシック音楽を身近なものにしてくれた数々の活動に感謝の意を捧げたい。

ジェームズ・デプリーストさんは1936年アメリカのフィラデルフィアで生まれ。フィラデルフィア音楽院などで学んだ後、オレゴン交響楽団の音楽監督やモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督をはじめ、多くの著名オーケストラに参加。2005年から2008年までは東京都交響楽団の常任指揮者を務めた。2005年には芸術分野で活躍した個人や団体に贈られる米国芸術勲章を受章した。
『のだめカンタービレ』は2001年から2010年まで女性向けマンガ誌「Kiss」(講談社)にて連載されていた。テレビドラマ化を皮切りに、テレビスペシャルや劇場版など映像化が行われた。フジテレビ「ノイタミナ」枠で放送したアニメは第3シリーズまで制作され、多くのファンを獲得した。
[高橋克則]

「のだめオーケストラ」LIVE!
/http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/nodame-orche/ESCL-2882/index.html

ジェームズ・デプリースト指揮 東京都交響楽団/アルバム収録曲
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2判ハ短調作品18より 第1楽章から
モーツァルト: オーボエ協奏曲ハ長調K.314/285dより 第1楽章
ブラームス: 交響曲第1番ハ短調作品68より 第1楽章から/第4楽章から
ベートーヴェン: 交響曲第7番イ長調作品92より 第4楽章
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集